写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

音を紡ぐ、ほがらか音楽室のある家

オーナーズメッセージ

家づくりスタート
漠然と、「家を建てたいな」との想いはあったものの、具体的な
イメージがつかず日々を過ごしていました。そんな中、妻が
建築雑誌からシーエッチさんを発見し、その施工例が目に
とまりました。

そこで、まずは話を聞いていみようということとなり、予算や
理想の間取りが決まっていない状態にも関わらず、
シーエッチさんの事務所を訪れることとなりました。

思いついたらすぐ行動ということで、「今から事務所へ伺って、
話を聞くことができるか」を電話で確認。飛び込みの訪問でしたが
快く前田さんに対応していただきました。
このときから、私達の「家造り」はスタートしたのです。

ノープランからの家づくり
幸いにも家を建てる場所は決まっていましたが、どのぐらいの
予算で、どのような雰囲気の建物にするかは全く決まっており
ません。そこで、設計カードを前に夫婦で作戦会議です。

設計カードには、家としての全体のバランスなど全く考えず、
ひたすら希望を挙げていったため、混沌としたものとなりましたが、
そこはプロの浪江社長に丸投げです。

するとどうでしょう、私達では思いつかないような素晴らしいラフス
ケッチを仕上げていただきました。

間取りが決まってからは、順調に打合せが進みました。

夫婦ともに、素人が悩んでも無駄だと達観しているため、第一印象で
決めたものを即決。そのため、ほとんど宿題として持ち帰るものは
ありません。

注文住宅は決めることが多くて大変と聞いていたのですが、あっさり
と進んで間取りが決まってから2ヶ月とかからずに打合せは終了。
渡邊さんが、私達に完成形がイメージが湧くようにと、事前にサンプルを
準備してくださったり、可愛らしい造作のスケッチを作成してくださった
おかげです。

ノープランで始まった詳細設計ですが、設計カードを提出して4ヶ月で
打合せ終了。おおまかな内容が完成しました。

我が家のこだわりポイント
私達夫婦にはそれぞれこだわりポイントがあります。

・来客用と家族用に玄関を分けて靴の収納場所は
 たくさん確保(妻)
・玄関からすぐに入れる音楽室(妻)
・音楽室の床は絨毯張り(妻)
・食器棚兼パントリーは絶対必要、前面は縦格子(妻)
・階段には子供が作ったレゴを飾れる棚が欲しい(妻)
・電気配線は合理的に(夫)
 (家造りのために電気工事士の資格を取りました)
・床材は杉の無垢材(夫)
 (OB宅訪問で床の柔らかさと節なしの美しさに感激)

浪江社長、いろいろ無理を言ってごめんなさい。

家ができあがっていく姿を見て
人生はじめての「地鎮祭」「上棟式」に参加して、身の
引き締まる思いでした。さらに、自分たちの家が、更地の
状態から、基礎を作成し、柱や梁が組み立てられ、屋根
が葺かれる状態を、日々変化する姿で見ることが出来、
感動しました。

現場を伺った際には、棟梁の石見さん、涌井さん、足立
さんの手際の良い作業に見惚れます。
また、妻が照明の位置について相談しに行った際には、
皆さん仕事の手を止めて親切に対応してくださいました。

きれいに整頓された作業現場を見させていただくことで、
しっかりとした仕事をしてくださっているのを感じ、感謝
しております。

外構については、緑宝堂の西邑さんからの的確なアド
バイスにより、私達の希望を叶えつつも家を映えさせる
植栽選びを行うことが出来ました。

単に木を植えるのではなく、空間を立体的に捉え、美的
センスを保ちつつも、目隠しとしての機能を持たせる手法
には、植栽の奥の深さを感じました。

家づくりを終えて
この文章を書いている段階(引き渡し1ヶ月前)では、各部に
養生がされているため、最終の仕上がりを見ることができる
日が来るのを楽しみに待っている状態です。

最初にシーエッチさんを訪ねてから1年半という長い期間が
過ぎようとしていますが、楽しくも、いろいろ考えなければな
らない時間であったため、あっという間に時間が経った気が
します。

反省する点があるとしたら、私達も設計図面をじっくりと読み、
内容を把握すると良かったです。
そうすれば、もっと「家造り」を楽しめたと思います。

最後に、設計に携わって頂いた方々、施工に携わってくだ
さった方々、素晴らしい家を造ってくださった皆様に感謝
いたします。

このご縁を活かし、今後とも宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ