写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

素足でかけまわる木の家

オーナーズメッセージ

家づくりのきっかけ

家を建てるきっかけは突然のことでした。

私(妻)の実家が古くなり、今後の老後の生活を考えて建て替えを考えている。
その上で土地の半分に私たち家族の住居として使わないかという申し出が
私の両親からありました。

その申し出を受けたのが翌年長男の小学校入学を控えた5月ころの話でした。
小学校の転校を途中でしなくても済むようにしてあげたいという思いもあり、
とても短い期間で家を造ることになりました。



工務店探し

タイトなスケジュールの中で本当にできるのかわからないまま、
まずは工務店をどこにするのかさがすことから始めました。

私は建物を見ることや調べることが好きで、以前からシーエッチさんのことは
何となく好みの家を作る事務所だなと思い、名前は存じ上げていました。

新築の家を最近建てた友人のアドバイスで地元の業者さんがいいよという
アドバイスも聞いていたので、シーエッチさんのことが頭に浮かび、
まずパンフレットを取り寄せてみました。

そして主人にも見せてみたところ気に入り一度話を伺うことになりました。



子連れの打合せも好感

最初の相談の日は本当に長くお話を伺わせて頂きました。
その間もスタッフの方が子供たちを飽きさせない様に相手を
して下さり、すごく好感をもてました。

私たちはシーエッチさんの家の雰囲気、今まで作ってこられた施工例、
また木の家の美しさや心地よさなどとても気に入っていたのですが、
長男の入学の4月には竣工が間に合わず、おそらく早くても6月前後に
なるということでした。


そういうこともあり、別の工務店やハウスメーカーも考えましたが、
やはり一生に一度の買い物ですし、これから子供たちがここで長い間
生活する場所でもあるので、後悔はしたくないという思いで
シーエッチさんにお願いすることにしました。

 

シーエッチさんとの家づくり

何度かある打ち合わせでも、上棟式などの式典でも、小さい子供たちを
連れて行くのですが、スタッフの方々は子供たちにとても優しく、
物珍しいものに興味をもつと色々教えてくださったり、触らせてくださったり、
遊び相手になってくださったり、皆さん子供の気持ちを大切にして下さる方
ばかりでした。


そして子供たちも新しい環境に行く不安よりも、自分たちの家が新しくできる
わくわくした気持ちの方が強くなっているのがよくわかりました。



大工さんとのふれあい

何より長男が小学校に入学後は隣の両親の家で仮住まいをしていたので、
度々大工さんの仕事を見に行っていたのですが、興味を持っている息子に
道具を触らせてくださったり、端材で遊び道具を作って下さったり、
時にはジュースをごちそうして下さったり、息子は棟梁のことが大好きに
なっていました。

家が完成することはとても楽しみですが、棟梁に会えなくなることがさみしい
といった感じでもあります。


家づくりに関して全て頼りっきりでしたが、皆さん丁寧に家づくりに携わって下さり、
この家で新しい生活をスタートさせることがとても待ち遠しいです。

我が家の家づくりに携わって下さった皆様に本当に感謝いたします。
ありがとうございました。

ページの先頭へ