写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

子育てを楽しむ陽だまりの家

オーナーズメッセージ

シーエッチ建築工房さんとの出会いから早くも2年が経ちました。
土地探しから始めた私たちが三度目の正直でようやく巡りあえた
この土地に、木のぬくもりに溢れた優しい木のお家が間もなく
完成を迎えようとしています。

この場をお借りして、私たちの家づくりに関わってくださった
すべての皆さまに心より感謝と御礼を申し上げます。


HPから目も心も奪われてしまった


「家を建てたい」とは思ったものの、右も左も分からない。
とりあえずまた住宅展示場へ行ってみるもしっくりとこない。

そんな矢先にSNSの広告でシーエッチさんの広告に出会いました。

 

早速資料請求をさせていただきホームページを拝見して、
すっかり目も心も奪われてしまったことを今でも思い出します。

初めて「こんなお家に住みたい」と思った瞬間でした。

 

資料請求をするとすぐに前田さんがご連絡を下さり、
早速完成見学会に伺わせていただくことになりました。

初めての木のおうちは、木のいい匂いがして風通しがよくて
とても心地よく、言うまでもなく素晴らしい設計に「すごーい」
「へぇ~」「いいねぇ~」を何度繰り返したことでしょう。

帰りの車の中で「家を建てるならシーエッチさん」と話し合う
までもなく決まっていました。


最高の立地に、この土地と出会う


時を同じくして、今住んでいるところからも歩ける距離にある
売地を主人が見つけてきました。普段は何だかんだ腰が重く
なかなか動いてくれない主人が即電話をして資料請求まで
していたのです。

ここならば幼稚園も小学校も今まで通り歩いて行ける、
坂もほとんどない、生活環境が変わらない最高の立地です。

紆余曲折を経て、無事土地を購入することができ、
いよいよ私たちの家づくりが始まりました。


プランニングのアドバイス


いざ設計カードを書こうとすると、私たちは具体的な
イメージや希望を持っていないことに気づきました。

浪江さんと渡邉さんに「まずは予算を考えずに希望を全部
書いてください」と言われましたが、具体的なイメージが沸きません。

そこでとても参考になったのが参加させていただいた
たくさんのOB様の完成見学会でした。

この間のお家のあそこがよかったよね、こんなところが素敵
だったね、などと思い出しながら理想のおうちを思い浮かべました。

迷ったり悩んだりした時には、渡邉さんがいつも控えめにだけど
的確にアドバイスをしてくださり、迷った時には渡邉さんの仰る
とおりにが私たち夫婦の中で暗黙の了解になっていました。


そして提示してただいたプランがほとんどそのまま、
私たちの木のおうちとして間もなく完成しようとしています。

驚くべきは、間取りのプランだけでなく、外構のイメージまでも
最初にご提示いただいたプランのままに完成しようとしていることです。

浪江さんには土地を見ていただいた最初のスケッチの段階から、
この土地にはこんな木のおうちというイメージが見えていたのですね。

 


 

家づくりの過程も楽しむ
 

事務所での設計の打ち合わせだけでなく、地鎮祭や上棟式、
林業見学、植栽選びなど、家づくりのすべての過程に
子供たちも一緒に参加させていただきました。

設計の渡邉さんがいついつ棟が上がりますよ、来週断熱材を
入れますよ、フローリングが張られましたなど、木のおうちが
できていく過程を教えてくださるので、幼稚園の帰りに
「今日は木のお家を見に行こう!」と何度も現場にも足を運びました。

お忙しい中棟梁の平井さん、大工さんの友利さんが毎回手を休めて
何をしているところか見せてくださったり、ちょこっと何かを
触らせてくださったりしたので、子供たちも興味津々で出来ていく
過程から木のおうちが大好きです。

娘はお姉さん大工の友利さんの影響を受けてか、4歳のお誕生日には
おもちゃの大工さんセットを欲しいと言って、家でトントンカチカチ
やっています。

こんなにも素敵なおうちを作ってくださっただけでなく、
子供たちにとっても素晴らしい体験をさせていただき、本当に感謝です。

 


優しくて丁寧な家づくり
 

シーエッチさんの家づくりは、最初の出会いからすべてがとても
優しくて丁寧で完成度が高く、一つ一つの出来上がりが驚きの連続で
すべてにおいて想像以上でした。

人と家づくりが大好きなチームシーエッチの皆さんにこれから何十年も
住むであろう大切な家づくりをお願いして良かったと心から思います。


慌ただしく過ぎていく毎日ですが、丁寧に心を込めて作っていただいた
木のおうちで、一日一日を大切に丁寧に過ごしていきたいです。

子供たちがずっと笑顔で毎日ただいま!と元気に帰ってくることができる、
そんなおうちにしたいと思います。

 

 

ページの先頭へ