写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

平屋古民家風の暮らし 縁側で憩う家

オーナーズメッセージ

曽祖母が住んだ古民家で

私たち家族は縁があり、横浜から
妻の曽祖母から住み継がれていた築60年以上の
古民家に引っ越してきました。

いつかは建て替えかリフォームをしたいと思いつつも、
具体的な行動にはうつさないまま住み始めて
2年程過ぎていました。



建て替えのきっかけ

・市で実施している耐震検査をしたところ
「震度6以上で倒壊の恐れあり」という診断がされたこと

・柱も白アリで傷んでいること

・隙間風で冬の寒さが厳しかったこと

・雨漏りがあったこと

・屋根裏でイタチが走り回っていたこと

・私たちに子供が生まれ、より快適で安全な家に住みたい

などのことが重なり本格的に家づくりを考えるようになりました。

古家の解体直後に大阪北部地震、大型台風などの災害が
続き、家づくりのタイミングは本当に良かったと思います。


シーエッチさんとの出会い

まずは住宅展示場を見に行きましたが心惹かれる家や
ハウスメーカーさんに出会えず、ネットで工務店さんを探していました。

その時にシーエッチさんのホームページに目がとまり
お話しを聞きに行くことにしました。

突然訪問したにも関わらず、社長の浪江さんには丁寧に家づくりに
ついてのお話しをしてもらいました。そして「他の工務店さんもたくさん見て、
納得して決めた方がいいですよ。」というお言葉を頂きましたが、
私たちは直感でたぶんこれ以上良さそうなとこは無い!と思い
シーエッチさんに家づくりをお願いすることに決めました。

実際にシーエッチのスタッフの方々には最初から最後まで
丁寧に対応して頂き安心して完成を迎えることができました。


理想の家

私たちは日本の古い町並みや日本家屋が好きでしたので、
築60年以上の古家も落ち着きがありとても気に入っていました。
全てを解体してしまうのも惜しいと思い相談したところ、古家で
使っていた柱やレトロなガラスなど再利用してもらえることになりました。

そして出来上がった図面を見せてもらうと、縁側や寝室の場所など
解体前の思い出の詰まった古家を思い起こせるようになっており感動しました。

昔からある家に戻ってきたような、でも今の私たちの生活に合った
住みやすく安全で工夫された家で生活できることが今からとても楽しみです。


建築中から木の香りをそばで感じる

また私たちは建設中、隣にある妻の実家で生活していたので
工事の全ての段階を見ることが出来、とても貴重な体験でした。

毎日工事現場からは木の良い香りがしていて、大工さんをはじめ
チームシーエッチのどの業者さんもとても親切で丁寧に施工して
下さっており毎日完成を楽しみに眺めていました。


また近隣の方も工事現場を見ては「こんなしっかりした基礎は
見たことないよ」「立派な木を使ってるんやね」と声をかけてくれていました。


今回シーエッチ建築工房スタッフの方々はじめ、たくさんの方々の
力で私たちの理想の家づくりを完成することができました。
心より感謝申し上げます。

ページの先頭へ