写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

お花見ウッドデッキのある木の家

オーナーズメッセージ

家づくりのはじまり

結婚以来、度々、将来の家のことを夫婦で妄想しては立ち消えを繰り返していました。
一度はマンションの購入も考えたこともありましたが、なんとなく一戸建てがイイという思いもあり、ダラダラと過ごす日々。

そんなとき、妻が「一戸建てなら絶対に木の家!」と言い出し、どこからか探してきた色々な工務店さんの木の家を見学する日々が続きました。

いろんな木の家を見ているうちに、気になった工務店さんもあり、話を伺いましたが、家の雰囲気は良くても耐震性は重視していないような説明があり、イマイチ決め手に欠けることになりました。(妻はとにかく「絶対木の家!」という姿勢は変わらず)

そんなとき、またしても妻がどこからか見つけてきたシーエッチ建築工房さんの完成見学会に参加することになりました。
その後、家づくり講座にも参加してみると、お話を伺った浪江さんや渡邊さんの木の家づくりがすごく好きだという想いが伝わってきて、お願いするなら、こういう人達が良いなと思いました。

また、私が気にしていた耐震性についても、質問すると即座に耐震等級3でいけますと即答。
そんな丁寧で熱い(主に浪江さん)の説明を受け、ようやく家づくりをお願いしたいと思うようになりました。


土地を発見、即決

そんなこんなで、シーエッチ建築工房さんで家を建ててもらおうかと考え始めた途端、
気に入った土地が運良く見つかり、早速、浪江さんに土地を一緒に見に行ってもらいました。

土地自体も特に問題無く、また何より浪江さんがこの土地に合わせて描いてきてくださった
家のプラン図がとても魅力的だったため、気がついたら、不動産屋さんに土地の購入を申し込んでいました。



設計打ち合わせ

土地も決まったので、どんな家にしようかと妄想する日々が始まりました。

あまりこだわりがなかった私たちとしては規格型で良いかと考えていたところ、見つけた土地と
CH STD606がぴったりだったこと、また浪江さんのプラン図が素晴らしかったのもあり、
家の大枠の形もすぐに決まりました。あとは設計カードを書き、素人が勝手に描いた間取り図案を持って、
打ち合わせを繰り返していたら、あっという間に私たちの家の設計図が出来上がりました。

もちろん、「あっという間に」というのは私たちの視点であり、実際には私たちの回答が遅くなったり、
途中で何度も変更をお願いしたり、また、どこが規格型だと言いたくなるぐらい色々と考えていただいたりと、
きっと、たくさんご迷惑もお掛けしたと思います。

それでも浪江さんや渡邊さんは一つ一つ丁寧に、時には熱く、相談にのっていただき、
私たちの想いを形にして頂きました。

子ども達も打ち合わせに行くのがとても楽しかったようで、家族みんなが家づくりを楽しむことができました。



着工

設計図ができたら、いよいよ着工です。

今では少し珍しくなった地鎮祭や上棟式といった家づくりのセレモニーもきっちり執り行って頂き、また、
家族で木材見学ツアーに参加して、私たちの家の材木がどんなところから来るのかを知り、
ようやく本当に私たちの家ができるんだという実感が湧いてきました。

建て方が始まるとこれまで2次元の図面だった家が目の前に現れ、一歩中に入ると木の香りでいっぱいで、
「木の家にして良かった、早くこの家に住みたい」と興奮しました。

多忙を理由に打ち合わせ以外ではほとんど現場に行けませんでしたが、現場監督の徳毛さんや涌井棟梁を
はじめ、家を建てていただける方々の人柄を上棟式で知ることができ、全面的に信頼してお任せすることができました。

また、現場に行くと涌井棟梁が一つ一つ木を切り、削り、そして組み立てる、そんな職人技を間近で見ることができ、
子ども達も釘付けになっていました。

そんな子ども達に気づいた棟梁からの勧めで、今しかできない壁への落書き大会が始まったりと注文住宅ならではの
体験もでき、住む前から思い出が詰まった家になりました。



最後に

今、これを書いているのは締切日の深夜です。
オーナーズメッセージを書くにあたり、これまでのことを振り返っていたら、懐かしさが込み上げてきて、
こんな時間になってしまいました。

この1年間は夫婦で話し合う機会が増え、時には険悪な雰囲気になったり、これまで経験したことのない
こともあったりと、楽しくも大変な日々でした。

それでも私たちの家が無事に完成を迎えることができるのは、全力で家づくりに取り組んで下さった
シーエッチ建築工房さんをはじめとした関係者の皆様と、長期にわたる工事を受け入れて下さった
ご近所の方々のお陰だと思います。

皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
 

 

ページの先頭へ