写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

朝日のダイニングと 陽だまり土間玄関の家

オーナーズメッセージ

まさかの家づくりスタート

今から振り返れば、本当に自分たちの家を建てることになるとは思いませんでした。

ちょうど1年ほど前、なんとなく家をつくるということが気になり、自宅近くにあるログハウスの展示場を冷やかし半分で訪れたのが始まりでした。

数日後、私の様子を見て何か感じたのか、インターネットでログハウスについて調べていた夫が「こんな木の家もあるみたいやで」と見せてくれたのがシーエッチさんの家でした。

そこには見学会のお知らせも掲載されており、「縁側からお入り下さい」のフレーズに魅かれて見学会へ行ってみることにしました。

家の見学会へ行くのはもちろん初めて。少し緊張しながら訪ねてみると、そこには予想以上に広い縁側、無垢の木がふんだんに使われた優しい空間があり、居心地の良さと同時に、とにかく「美しい!」と感じました。どの部分を切り取っても無駄のない絶妙なバランスの美しさ。家はとにかく住めればいいと考えていた私の中で何かが動き始めました。

その時にいただいたパンフレットにあった濵畑社長のメッセージ。「住まいは人生の基盤、家族の拠り所、もっと言えば社会の基盤であるわけで、子ども達の情緒教育や他人への心配り、躾や家族の在り様などの全てが、住まいで決まってくるのかもしれません。」

住まいにはこんなにも重要な役割があるのだ。この時住まいに対する考え方が180度変わりました。

そして、自分たちの家をつくろうと心が決まった瞬間でした。

ただ、本当に家が建てられるのか、住宅ローンが高額で生活がどうなるのかと不安になったりもしました。そこで、今の私たちにどれぐらいの予算が組めるのか目安を知りたいと思い、シーエッチさんに個別相談をお願いしました。実際に相談をして、資金をなんとか工面できることも理解できました。

そして土地を探さないといけないなと思っていたところ、相談の終わり際に、社長が「実は丁度いい土地があるんですよ」と言われ、紹介していただいたのがこの青葉台の土地でした。

 

この土地にどんな家を建てようか

その日のうちに土地を見に行きました。古家からの眺望を一目で気に入った夫と子どもたち。一方で私は初めての土地に不安があり、こんなに早く決めてしまってよいものかと悩んでいました。

そのことを素直に伝えると、すぐにKGプランニングの立野さんが3軒隣りに住んでおられるOBさんのお宅に連れて行って下さいました。そこで住みやすい環境であること、小学校ものんびりとよい雰囲気であることなどをお聞きすることができ、ようやく安心して決めることができたのです。老後の心配も、この坂道で足腰を鍛えられるから大丈夫!と前向きに考えて。

土地が決まれば家づくりです。

風や光の力を借りて、なるべく自然に寄り添う暮らしができる家。

子どもたちが裸足で走りまわれる家。家族の気配を常に感じられて、皆が自然とリビングに集う家。子ども部屋は小さめで、成長とともに少し窮屈さを感じて自然と自立を促す家。将来夫婦二人に丁度いいサイズの家。これらのイメージが夫婦でほぼ一致し、その他の細かい希望も浪江さんの素晴らしい設計(しかもほぼファーストプラン)によって全て叶えられました。

出来上がった家は、小さいながらも家族それぞれの居場所があり、窓からの眺望も含めて私たち家族にとってベストなものになりました。しかも自然の力を最大限に利用するために道路に対して斜めに佇む格好いい家です。予算の関係で一時は諦めようとした家事室も、夫がそこだけはと確保してくれ、大きな窓から景色を眺められる最高の空間になりました。今からあの空間で過ごす時間が楽しみで仕方ありません。

 

思いがけず楽しいことがたくさんありました 

着々と打ち合わせも進んでいく中、旧友がOBであることが発覚し、急遽個別OB宅訪問をさせてもらいました。友人の「シーエッチさんいいよー」の一言と、初めて訪れたにもかかわらず、子どもたちが家の中を走り回ってのびのびと遊んでいる姿に、なんとも言えない嬉しさが込み上げてきました。

そして、熊野と吉野への木材ツアーに参加することもでき、柱や梁を自分たちで選ぶことができました。

リビングにかかるのは家族全員の意見が一致して選んだ自慢の梁です。製材の過程を見せていただいたり、ご一緒させていただいたご家族とも親交を深めたり、ツアーに参加したことでその後の家づくりが何倍も楽しくなったように思います。

 

気持ちの良い現場

家づくりには職人さんや業者の方、60名もの方が携わって下さっていると聞きました。実際にお会いできたのは数名の方だけでしたが、どの方も感じが良く、丁寧に完璧に作業して下さっており、本当にありがたいと思いました。

上棟以外はおひとりで大工仕事をして下さった石見棟梁には特にお世話になりました。丁寧で手際のよい優れた職人技には本当に感動しました。天井の杉板もおひとりで張られたとのことで、とても驚きました。いつ現場を訪れてもきれいに整理整頓されており、子どもたちが走りまわっても安心でした。

また事務所のスタッフの皆さんも、いつも気持よく対応して下さいました。

仕様など、細かい部分でもこちらが納得するまで一緒に考えて下さり、こちらが立ち止まると一緒に立ち止まり、頃合いを見計らってそっと背中を押して下さる、そんな絶妙なサポートに何度も助けられました。

人だけでなく、もちろん現場の空気も気持ちの良いものでした。

現場を訪れるたびに深呼吸したくなりました。木が放つ香りからいぶきが感じられるのです。熊野と吉野の緑深い森の中にいるような気持ちになりました。森の一部が、匠たちの手により、形を変えて青葉台に移植されたようです。あの豊かな森で長い年月をかけて育まれた木に囲まれていると思うだけで、気持ちが落ち着きますし癒されます。予算の関係で諦めた部分もたくさんありますが、木材だけは妥協しなくて本当によかったと思っています。

 

これから

もうすぐ新しい家での家づくり家族づくりが始まります。

職人さんや業者の方も含むチームシーエッチはお互いが存在を認め合い、尊敬し合い、助け合いながら同じ方向を向いて楽しくお仕事されているなと感じることがよくありました。そんなチームシーエッチのような温かい家族になれたらいいな、そんなことも考えさせてもらいました。理想の家族づくりは、この家に見守り支えてもらうことで実現しそうな気がします。数十年先に、家も家族も「お互いにいい味がでてきたね」と労わり合えるよう、一日一日を丁寧に暮らしていきたいと思います。

 

 

上棟式の際、浪江さんが「この土地はYさんを待っていたのだと思います」と言って下さいました。

この一年の全てのご縁を振り返って本当にその通りだと思います。以前の土地の持ち主さんの「きっといい家が建ちますよ」のお言葉どおり、想像をはるかに超えた素敵な家ができました。

引き継いだ八重桜も大切にしたいと思います。そして今、住む前から既に、この土地に愛着がわいて安心感があります。

それは、常に最良のものを目指して全力で家づくりに取り組んで下さったチームシーエッチの皆さん、親しみ易く、的確なサポートをして下さるのでついつい頼ってしまった立野さん、木の家での暮らしの快適さを教えて下さったご近所のOBさんたち、長期にわたる工事を快く受け入れて下さったご近所の方々のお陰だと思います。この家づくりに関わって下さった全ての方に心から感謝しています。

そして、長年住み慣れた場所を離れて、家族のために新しい居場所をつくることを決心してくれた夫にも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

 

 

ページの先頭へ