写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

大空が演出する とおり土間の家

オーナーズメッセージ

きっかけ~土地探し

 我が家は転勤のある仕事なので、これまで数年おきに転々と引っ越しを重ねてきました。しかし、子どものことを考えるとそろそろ定住先を決めようということになり、思い切って家を建てることを決めました。

夫婦ともに学生時代を過ごした北海道の、雑木林の中に家があってその近くには小さな小川が流れているような風景や、だだっ広い土地にポツンと家がある感じが好きだったので、そんなイメージで土地探しをしていました。

ただ、子育てには多少の利便性も必要なので、駅から歩ける場所というのも外せない条件でした。

知り合いに紹介してもらった不動産屋さんに連れられていろいろな土地を見て回った結果、見つけたのがこの土地でした。

  

出会い

 私たちの家のイメージは自然素材の家で薪ストーブのある家。

ハウスメーカーも回りましたが全く理解してもらえなかったので、「木の家」を建てている工務店の資料を取り寄せて、いくつかの見学会に参加しました。

シーエッチさんに建ててもらおうと決めたのは、見学した家が落ち着いていてとても居心地がよくて気に入ったというのもありますが、何より濱畑社長はじめスタッフの方たちの人柄に触れて、この人たちになら安心して任せられると思ったからです。

  

設計~施工~これから

 コンパクトで遊び心のある家。

浪江さんにはたっぷり私たちの希望の詰まったプランを作っていただきました。残念ながら予算の都合で削ってしまったところもありますが、家族の成長とともに変化していける素敵な家になったと思っています。

打ち合わせの時期と出産の時期が重なってしまったことでご迷惑をかけてしまいましたが、何度か遠方まで打ち合わせに来ていただき、とても助かりました。ありがとうございました。

熊野への木材見学ツアー、地鎮祭、上棟式など、家づくりに関する様々な貴重な体験をさせていただきました。

時々しか足を運べませんでしたが、行くたびに家が出来上がっていくのを見るのはとても楽しみでした。

棟梁の平井さんが立派な仮の階段を作ってくださったので、5歳の息子も自由に2階に上ることができ、家を見に来た時には楽しそうに行ったり来たりしていました。

端材で作っていただいた、すごくよく飛ぶ竹とんぼも大事にしています。

 

今はまだ小さい子どもたちの成長とともに、家も変化し、育っていくのだと思うとこれからがとても楽しみです。

濱畑社長はじめシーエッチスタッフのみなさん、平井棟梁はじめ職人のみなさん、私たちの家づくりに関わってくださった全ての方々に、この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

ページの先頭へ