写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

CHでは新築工事中のお宅の完成見学会が近付いた頃、建て主様に思い出いっぱいの家づくりを振り返った「オーナーズメッセージ」をご寄稿いただいています。CHと一緒に進めてきた家づくりへの想いがギュッと詰まったこのメッセージと一緒に、確かな設計力と木の家の温もりを感じる施工事例写真集をご覧ください。

手づくり洗面台の施工事例

子育てを楽しむ陽だまりの家

長期優良住宅
【竣工:2019年4月】 宝塚市 延床面積 111.14㎡ (約33.62坪)

シーエッチ建築工房さんとの出会いから早くも2年が経ちました。
土地探しから始めた私たちが三度目の正直でようやく巡りあえた
この土地に、木のぬくもりに溢れた優しい木のお家が間もなく
完成を迎えようとしています。

もっと写真を見る

風抜ける陽だまりと家族の家

長期優良住宅
【竣工:2018年10月】 宝塚市 延床面積 104.44㎡ (約31.6坪)

私たちは、西宮市の門戸厄神駅の近くに、5人家族で住んでいました。そもそも西宮に住むことになったのは、友人宅訪問がきっかけです。はじめて門戸厄神の駅におりた時の踏切の雰囲気、そこから見えるかぶと山の眺めに一目惚れしました。

もっと写真を見る

くつろぎの畳リビングと うんていのある家

長期優良住宅
【竣工:2018年11月】 大阪府 延床面積 82.39㎡ (24.92坪)

 子供が生まれしばらくし、急に「家を買わなくては!」という気持ちがムクムクと湧き上がってきました。
子供の頃から、間取り図を書いては部屋の模様替えを細々と行っていた私は、「家が好き。」という思いはあれど、
家づくりについての知識は全くなし、とにかく育休中の時間のあるうちに調べてみようと思い立ちました。

もっと写真を見る

お花見ウッドデッキのある木の家

長期優良住宅
【竣工:2018年11月】 神戸市 延床面積 89.93㎡ (27.20坪)

結婚以来、度々、将来の家のことを夫婦で妄想しては立ち消えを繰り返していました。
一度はマンションの購入も考えたこともありましたが、なんとなく一戸建てがイイという思いもあり、ダラダラと過ごす日々。

もっと写真を見る

家族がつながる大きな土間の家

長期優良住宅
【竣工:2018年10月】 明石市 延床面積:約48.51坪

私たち夫婦がシーエッチさんと初めて出会ったのは、とある雑誌の中でした。当時の社長である濱畑会長のお顔や服装がとても印象的だったのを思い出します。その中で聞いたこともないパッシブデザインや風や光を計算した家づくりなど、それまでに聞いたことはなかったものの、漠然と感じていたようなことが、言葉にされていて、とても納得したのを覚えています。

もっと写真を見る

空を愉しむ大きなウッドデッキのある家

長期優良住宅
【竣工:2018年7月】 宝塚市 延床面積 86.79㎡ (26.26坪)

2017年6月、私たちの家づくりは突然はじまりました。夫の父から古家を建て替えないかと提案があり、私たちの新居を建てさせてもらえることになったのです。家を建てるなんて全く考えていなかった私たち。そもそも当時はまだ結婚前でした。

もっと写真を見る

自然素材リノベーション 木のロフトが楽しい家

【竣工:2018年6月】 尼崎市 居住用階床面積 112㎡ (34.14坪)

【シーエッチ建築工房の自然素材リノベーション】 鉄筋コンクリート造りの...

もっと写真を見る

小上がり和室のある平屋の家

長期優良住宅
【竣工:2018年2月】 播磨町 延床面積 101.60㎡ (30.73坪)

この場をお借りしまして、私たちの家の建築に関わって頂いたすべての皆様へ感謝と御礼を申し上げます。

皆様はじめまして。我が家は私、妻と1歳半になる息子の三人家族です。夫婦揃ってスキーやスノーボード、登山など自然で遊ぶことをこよなく愛しております。結婚して2年半、私が生まれ育ったこの町で、家を新築することになりました。

もっと写真を見る

趣味室と書斎のある家

長期優良住宅
【竣工:2017年12月】  延床面積 113.85㎡ (34.43坪)

小さなドキドキと大きなワクワクを胸に、初めて打ち合わせに訪れたのが1年前のクリスマスイブ。子どもの頃、毎日"あした"が楽しみで時間が長く感じられたあの懐かしい感覚を、こうしたまた体験できるとは思ってもいませんでした。

もっと写真を見る

木の家で夢を育む 芸術家たちのアトリエ

【竣工:2017年11月】  延床面積 98.04㎡ (29.65坪)

以前から多趣味の私の物が増え、主婦には自分の部屋などないのが当たり前なので、リビングを楽器やカメラや小物が占領するようになっていました。日本画を学ぶひとり娘の部屋も四畳半という狭さで、机とベッドだけでいっぱい。部屋の壁も砂壁で絵が飾れないと嘆いていました。

もっと写真を見る

ページの先頭へ