写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

キッチンから笑顔が満ちる家

オーナーズメッセージ

転勤

 

家づくりを考えだした頃、私たちは転勤で福岡にいました。

もうすぐ次の転勤があるであろうということ、社宅の期限が近づいてきたこと等を考え、仕事の拠点でもあり、地元でもある兵庫に家を建てようということになりました。

子ども達の学校のことも考え、土地をまず見つけ、近くに仮住まいしながら、ゆっくり家を建てていけたら、と考えていました。

 

家づくりへの想い~シーエッチとの出会い

どんな家を建てたいか考えていた時、出てきた答えは「自然素材」「エアコンに頼らない環境にも優しい生活」をしたいということでした。

高断熱・高気密もいいが、換気のために天井に機械を乗せるのはちょっと違うのではないか。そこで目に入ってきたのは「パッシブデザイン」という言葉。まさにこれだと思いました。

少しぐらい暑くても、少しぐらい寒くてもそれを感じるのは自然な事、日本の四季を感じること。パッシブデザインを取入れることによって、自然に寄り添いながら、快適な暮らしをしたいと思うようになりました。そこで「木(もく)と太陽(よう)を生かした家づくり」をする団体“もくよう連”に辿り着き、シーエッチさんを見つけました。

 

シーエッチさんの事務所に初めて伺ったのはちょうど一年前。

木のぬくもり溢れる空間に「すごくいい!」と感じ、完成した家も見せて頂き、入ってすぐ「ここに決めた!」と気持ちが高まったのを昨日のことのように覚えています。

 

土地探し

土地探しも手伝って頂けるということで、KGプランニングの立野さんを紹介していただきました。そう簡単に見つからなかったですが、転勤もまだないし…ということで長期戦になると思っていましたが、ある日インターネットで気になる土地を見つけたので連絡したら、すぐに動いていただき、晴れて購入することができました。それまでに遠くにいて動けない私たちの代わりに立野さんはじめ、濵畑社長方々が何度も見に行って下さった事を聞き、本当にありがたく思います。

 

規格型の木の家に

といっても私たちはまだ福岡。遠距離であるにもかかわらず浪江さんがプランを2回も持って来て下さり、とても感激しました。私たちが選んだシリーズは「CHスタンダード・規格型住宅」。“住まいにはこだわりたいが、打合せの時間があまりとれない”という私たちにぴったりのものでした。

 

規格型と思えない位、自由にできた所も沢山あり、予算面で諦めたものもありますが、わがままな私たちの希望がたくさん叶えられたプランになりました。

 

式典

地鎮祭、上棟式と最近では省略傾向である儀式をさせていただき、気が引き締まったのを覚えています。工事が始まってもなかなか見に行けなかったですが、シーエッチさんがブログ、フェイスブックでアップして頂いたのを、眺めるのがとても楽しみな日々でした。お会いできなかったですが、沢山の方々が家づくりに携わって下さっていると思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これから

完成に至るまでの一年、色々な事がありましたが、少しずつ出来上がっていく家を見守りながら、毎日頑張って過ごしてきました。“自然に寄り添い、人と環境に優しい家”私たちの想いが形になり、これからは、子ども達が選んだブルーベリーの木に実がなるのを待ち、木の色合いが時間とともに少しずつ変わり、夏には心地よい風が通り抜け、冬には陽が差しこむあたたかいこの家で家族ゆっくり穏やかな時間を過ごしていけたら…と思っています。

 

イレギュラーな形で進んだ家づくりだったので、ツアーやイベント等参加できなかったのは残念ですが、これからはOBとして、シーエッチさんと繋がっていけたらと思います。楽しい時間を、素敵な家を、ありがとうございました。

ページの先頭へ