写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

CHでは新築工事中のお宅の完成見学会が近付いた頃、建て主様に思い出いっぱいの家づくりを振り返った「オーナーズメッセージ」をご寄稿いただいています。CHと一緒に進めてきた家づくりへの想いがギュッと詰まったこのメッセージと一緒に、確かな設計力と木の家の温もりを感じる施工事例写真集をご覧ください。

2008年の施工事例

癒しリビングの家

【竣工:2008年11月】宝塚市 延床面積:約32坪

"家"に対する強いこだわりのなかった私達夫婦。しかし、せっかく家を建てるなら少しは勉強してみようかと、図書館でいろんな本を借りてみました。その中で、「本物の木で建てる家」の良さを知り、せっかくなら子供達のためにも木の家がいいのでは...と思い、家づくりがスタートしました。

もっと写真を見る

兵庫県産材で建てた杉の家

【竣工:2008年3月】宝塚市 延床面積:27坪

今考えれば悩むべくもないことに、家づくりをしようと思い立った当初はよくぶつかりました。その第一が土地でした。自分たちがどこに住みたいのかもわからないまま、ある時は広さ、ある時は交通の便、あるときは値段に振り回され、東西南北を右往左往。最寄り駅から乗り込んだバスが山道を登っていくさまに「これが現実...」と自分を納得させようとしたり、ひっきりなしに通る電車の音に耳を押さえながら、不動産屋さんの説明がまるで聞こえなかったり...。不便でも広い土地を求めるのか、狭くても便利な場所を選ぶのか。まさに迷走。今から5年前のこと。結論はなかなか出ませんでした。

もっと写真を見る

ふるさとの桧で造ったこだわりの木の家

【竣工:2008年3月】神戸市西区 延床面積:約45坪

大震災にも何とか持ちこたえた我が家ですか、築30年にもなると傷みも目に付き、湿気もひどく、悩みの種でした。いずれ何とかしなくては、と思ってはいましたが、なかなか家族間で具体的に話せるまではいかないまま、時を過ごしていました。そんなある日、台所の水漏れを業者に調べてもらったところ、壁を一部剥がさなければならないと言われ「とうとうこの時が来たのか」と思ったのがきっかけで、「あちこち手直ししなくてはいけないのなら、いっそ建て直しを考えてみよう」ということになりました。

もっと写真を見る

ページの先頭へ