より深くCHの基本性能を知るために 構造性能

全棟構造計算の実施による、万全な「構造性能」。

「構造性能」とは、世代を超えて快適に住むことができる住まい、
また地震や台風といった災害に強い住まいをつくるために求められる構造的な能力。

シーエッチでは、こうした能力を構造計算で自社で常に厳しくチェックしています。木造住宅の場合、法的に構造計算が必要とされるのは3階以上の建物ですが、たとえ平屋であっても、部材一本一本の強度から、全体のねじれやたわみ、さらに強風や地震振動をどう負担していくのかといったところまで細部にわたり計算。これにより基準を超える安全性や耐久性などの確保に努めています。また長期使用の視点からも、将来2階や3階を増築する際にこうした構造計算はたいへん有効で、比較的容易な増改築・減築工事で堅牢な建物づくりが可能となります。

このように厳密な構造計算を行い、基準以上の強度を独自の規定に基づいて実現しながら、将来の様々な可能性に備える。
私たちの構造性能に対する考え方はこんなカタチで具現化されています。

耐力壁

偏心率

偏心率とは・・・
建物の剛心と重心のずれの値です。
※剛心(建物の力の中心のこと)
※重心(建物の重さの中心)
方向 偏心率 判定
偏心率≦0.30
偏心率判定
2 X 0.00 適合
Y 0.01
1 X 0.02
Y 0.01

構造計算において、法令上、偏心率は0.3以下と定められています。シーエッチの構造計算においては、全棟0.15以下を基準としています。建物の剛心と重心の距離が離れていると、地震などでねじれが生じて損傷の原因となるため、シーエッチでは法令よりも厳しい基準を採用しております。

住宅性能表示

耐震等級1
建築基準法を満たした建物
耐震等級2
数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の1.25倍の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の1.25倍の地震力に対して損傷しない程度です。
耐震等級3
数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の1.5倍の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の1.5倍の地震力に対して損傷しない程度です。

シーエッチがつくる建物は、耐震等級3の基準を満たしています

詳しくはこちらをご覧ください。

PDFで見る

PDFで見る

長期優良住宅基準について

長期優良住宅とは、平成21年施行の「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」で様々な基準を満たし認定された住宅を指します。認定されるためには、数世代にわたり使用できる躯体構造であること(劣化対策)、地震に対して、損傷レベルの低減が図られていること(耐震性)、内装・設備などの維持管理が容易であること(維持管理・更新の容易性)、居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能なこと(可変性)などの他、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、環境保全計画といった基準項目をクリアしなくてはなりません。そして、この認定を受けた住宅は、税制面や融資面で特別な措置の対象とされます。これに対してシーエッチが設計・施工する住まいは、全てがこの長期優良住宅基準を満たしており、最高レベルの安全性、安心、暮らしやすさを具現化しています。

【詳しくはJBNのWEBサイトをご覧ください】

ページの先頭へ