シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2020年6月21日

「住宅は第三の皮膚である」

カテゴリ : シーエッチスタッフのお気に召すまま


こんばんは。
日曜の夜の女、渡邊です。
一昨日の更新をひきずってます
すみません。笑


さて、表題のことばを
聞かれたことはありますでしょうか。


「住宅は第三の皮膚である」


これは、建築家の
フンデルトヴァッサーが提唱し
第一から第五の皮膚までを考えながら
住宅の提案をしていました。


余談ですが彼の本名は
フリーデンスライヒ・レーゲンターク・
ドゥンケルブント・フンデルトヴァッサー。
あまりにも長いので省略して
フンデルトヴァッサーと書かせていただきます。


聞きなれない名前でしょうか。
でも大阪の人はこの写真の場所を
なんとなくご存じかもしれません。


oosaka_gomisyori_hunnderutovassa-.jpg


大阪、舞洲にあるごみ処理施設。
これを設計したのがフンデルトヴァッサーです。


さてさて、「住宅は第三の皮膚である」としながら
彼が最も大切にしていたのは第五の皮膚でした。


■ 第一の皮膚:自分の皮膚
■ 第二の皮膚:衣服
■ 第三の皮膚:住宅
■ 第四の皮膚:社会環境
■ 第五の皮膚:地球環境
この5つです。


ここで、彼の話は置いておいて。
私がブログに書きたいのは第三の皮膚の話。


先日体感したことなのですが
雨の日。雨合羽を着て自転車に乗り
会社に出勤してきました。


合羽の中は雨や汗の湿度がいっぱい。
ですが合羽は湿気を通さない素材なので
肌が蒸れてとても気持ちが悪かった。


これが、住宅でも起こっているのです。


私がいま暮らしているのは
和室のある3LDKの賃貸マンション。
梅雨時の床はぺたぺたして気持ち悪く、
換気扇をまわしても湿度が抜けず
ずっとラグの上か和室にいる始末。


一般的な複合フローリングや
ビニールクロスのお手入れが楽なのは
合羽が泥水などで汚れても洗える点と似ています。


代わって綿や麻のシャツは
泥水が飛ぶと汚れがとれにくいですが
肌が蒸れずにとても快適。


これこそが自然素材の家の気持ちよさなのです。
たとえ汚れても私はこれが好き。


117.jpg
つい気持ちがよくって
遊んでいるうちに寝てしまう無垢の杉の床。


M-naoyama_158.jpg
珪藻土のやさしい風合いと
素材のもつ調質性。


M-okamoto_117.jpg
三和土の土間は夏場さらっと。
畳はもちろん国産(熊本)のイ草。


M-ueda_132.jpg
天井の仕上げも紙のクロスや杉板張り。


もちろん、工場で作れない素材たちは
コストもそれなりにかかってきますが
せっかく建てるお家なのであれば
心地いい素材を選んでほしいのです。


戸建て新築でも、リノベでも、マンションリノベでも。
「住宅は第三の皮膚である」。
覚えておいてくださいね。



▶ほぼ日刊でくすっと笑える
社長のメルマガ読まれてますか?
私は仕事の息抜きに読んでいます。
https://chwoody.jp/p/r/Ca8WuLvO



watanabe2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

設計 渡邊

*宝塚の木の家・シーエッチ建築工房TOPページはこちら*
*資料のご請求はこちらから

ページの先頭へ