シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2016年5月 9日

【149ch】 5月7,8日材木見学ツアーに行ってきました。

カテゴリ : CHチャンネル

こんにちは。

週末お天気にも恵まれ心地よい気候の中、子育て世代4組のお客様と一緒に熊野へ行ってきました。

 

まずは森庄銘木さんへ。

弊社の特徴の一つである大黒柱やタイコ梁について森本社長からご説明をいただいた後、

倉庫へ行き、お客様に直接見て触れて選んでいただきました。

床柱一つにしても天然の絞り丸太や人工絞りのもの。値段が一桁違う極上品等もあり、説明を聞かなければ分からないことだけに皆さん真剣に見ておられました。

 

IMG_1250.jpgIMG_0573.jpg

 

 その後は原木市場へ移動。

 ここからは野地木材さんの案内で丸太についた数字の意味や原木の値段の違い等を教えて頂きました。

その日はセリの翌日ということもあり、材木は少ない方とのことでしたが、それでも広大な敷地に皮つきの大きな丸太がたくさん置いてある光景は圧感です。

 

IMG_0612.jpg

 

  

ちなみに昨日最高値で落札されたのがこの木だそうです。↓ ↓

IMG_1342.jpg   

直径は約80㎝、樹齢は120年以上はある桧です。

「さて いくらだったでしょう。」と野地さん。

答えを聞いて予想をはるかに超える高値に一同びっくりでした!

 

セリ落とされた原木は皮を剥ぎ、製材所に運ばれます。

IMG_0617.jpg

 

製材所では、まず構造材を、その端材を板材等にカットします。

その端材は割り箸になり、そのまた端材はチップになり紙の原料となるそうです。

ただ、最近はエコ思考によって割り箸が使われなくなり需要が減りつつあるとのこと。

本来は国産の杉で作られた割り箸を私達が使い、その収益が林業に還元され植樹となり、循環できる仕組みが望ましいので

しょうね。

 

いくつかの工場を移動したので、子供達は多少疲れた様子もみられましたが、

クレーンが動くのを見た時、端材のチップの山を見た時、埋め木の体験等では途端に元気になる姿が微笑ましかったです。

    

IMG_0620.jpg

 

IMG_0681.jpg     

 

私達は、昔から続く家づくりの本来の姿、材料から職人さん達の手仕事までこだわった家づくりをしています。

一見表には見えないそんな思いを少しでも知って頂ける機会ができたことに感謝いたします。

また、この旅の思い出が、出来上がった御自宅への一層の愛着となっていただければ嬉しい限りです。

 

お世話になった、森庄銘木さん、野地木材さんありがとうございました。

お忙しい中参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

 inui.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ