ブログ

番外編「朝陽浴びる台所の家」これまでのこと

 


おはようございます。渡邊です。
今朝はとっても冷えましたね。
私は二駅半、自転車で通勤しているのですが
今朝は手が真っ赤になってしまいました。


そんな寒い朝でしたが
宝塚市で2月に完成見学会を開催する
「朝陽浴びる台所の家」のお施主様より
あたたかなメッセージをいただきました。


いま、現場は足場がはずれて
こんな状態になっています。
外壁のコントラストがとてもきれい。
kinoie_takarazuka_yamamoto_ch_si-etti1.jpg


↓見学会お申込みはこちらから↓
https://www.ch-wood.co.jp/event/2019/12/01183849.html


今回いただいたメッセージは
シーエッチを見つけてくださった日から
今日の日を迎えるまでの手記のような。


せっかくなので全文で掲載します。
どうぞお楽しみください*


《オーナーズメッセージ》
宝塚市「朝陽浴びる家」のお施主様より。
はじまり、はじまり。


 == == == == == == == == == ==



■ シーエッチさんを知ったきっかけ

「あれはなに?」
あまり乗らない阪急今津線の
車窓から見えた、黒くて煙突のある建物。
目を引くけれどしばらくは何の建物かわからず、
目を凝らしてやっと見つけたCHの文字。
それがシーエッチさんを知ったきっかけでした。


早速検索したホームページで一番印象に残ったのは
国産材を使用していることでしたが、
そのときは家を建てることはまだ考えておらず、
それきりで終わりました。



■ いいところ見つけた

それから数年経ち、持ち家を考え出した当初は
他社で建築を検討していました。

その中で、
自身の国産材へのこだわりの強さに気づいたときに
シーエッチさんを思い出し、後悔したくない思いから
本当に突然CHさんへ訪問しました。


少し驚かれつつも、
そのときに誰もいなかったアトリエの電気をつけて、
渡邊さん、前田さんに暖かく迎えていただきました。
この無駄な電気を使わない姿勢に価値観の近さを感じ、
とても好感を持ったことを覚えています。


渡邊さんからは
限られた時間ながらも沢山の話を伺いました。
その話は職人さんたちへの尊敬の念や、
自分たちの仕事への誇りが満ち溢れていて、
こちらまでわくわくしてしまう内容でした。


「だからシーエッチの家は
時間もコストもかかってしまうんですよね~」と、
なんとも困った表情でほんわか言われる
渡邊さんの姿に深く納得しながら
「ここなら任せて大丈夫」と直感しました。



■ 土地がみつからない

KGプランニング゛の立野さんはじめ
複数の不動産屋さんへ土地探しの依頼をしましたが、
土地は出ない、と言われるエリアであったため
なかなか見つけられませんでした。


しかしなぜかきっと
土地は見つけられるという根拠のない自信はあったため、
シーエッチさんの素敵なポストカードを眺めながら
積極的に情報を探し求めていました。



■ 佇まいが素敵なCHさんの家

土地探しの間に完成見学会や、OBさん宅見学会、
スタッフの前田さんのお家にも伺いました。
どの家も、車ではすっと通り過ぎてしまいそうなくらい
周囲に溶け込んでいるのに歩いていくと木の香りがして
佇まいに目を奪われてしまうものばかりでした。


室内は思わず深呼吸をしてしまうほどの空気。
暮らしが鮮やかに浮かび上がるようなまどり。
広報の方が書かれるかわいらしい案内図や、
説明を受けて知った丁寧で細やかなつくりに、
ここもあそこも全部素敵!とずっと
家族で話し合っていました。



■ 私たちが暮らす土地をみつけた

少し気になって遠回りした散歩途中、
空かないかなあと思っていた場所に
開発予定の看板を見つけました。


すぐさま立野さんへ連絡をとり、
結果立野さんだったからこそ
販売前にも関わらず土地を購入することができました。


立野さんと浪江さんに土地を見ていただいたときに、
「この土地だったら、生活が浮かぶ。
いいところだと思いますよ」と
言っていただきました。


並んで土地を眺めているお二人の後ろ姿を見て
ただ売ることだけを考えるのではなく、
わたしたちがこの先良い暮らしができるよう
考えてくださる方たちとつながることができて、
本当に良かったと思えました。



■ それからとこれから

着工までは時間がかかりましたが、それも含め
振り返るとここにくるまであっと言う間でした。
私たちの家は狭い分譲地内で複数の業者が一度に建築し
放課後には子どもたちがたくさん集まる場所がある、
様々なことに注意が必要なケースだったと思われます。


しかし大工の石見さんはじめ
どの職人さんたちも本当にとても良い方ばかりで、
周囲に配慮されながら着々と進めていって下さりました。


小さいとはいえひとつの家が人の手で
つくられていくことの素晴らしさを、
現場を見るたび感じていました。


寒い時も、暑い時も、
高所でも、重いものを持っていても、
軽々と作業されている職人さんたちの姿に
本当に感謝の言葉しかありません。


良い仕事をしているところには、同じく
志の高い良いひとばかりが集まってくるのでしょう。
色々考えたり悩むこともありましたが
建築に対して不安に感じたことは全くなく、


シーエッチさんだったら絶対
悪いようにはならないと信頼できていることは、
家づくりにとって本当に幸せな事だったと思います。


沢山の木の命をいただき、
たくさんの人の手で丁寧に作られた、
私たちには過ぎるほど立派な住まいの器が
もうすぐ完成します。


ゆるりと陽と風の恩恵を受け、
子猫の額ほどの庭で採れたものをいただき、
立派な器に守られるこれからの暮らしが
とても楽しみです。


チームCHの皆さん本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。



== == == == == == == == == ==


お施主様、素敵なメッセージをありがとうございます。
どう感じてくださっていたかを知るこの手記が
本当にこれからの家づくりの励みになります。
これからもいい家を作るぞ、と奮い立つのです。


このメッセージは原文そのまま。
完成見学会の会場でも、
下のような資料にしてお配りしています。


★クリックで拡大します
kinoie_takarazuka_yamamoto_ch_si-etti3.jpg


ちなみに、こういったメッセージは
もう数年ずっとお施主様方からいただいており
それを「施工事例」のページに掲載しています。


もちろん全てのメッセージが、原文そのまま。
私たちが編集してしまっては、何の価値もなくなります。
困ったことや悩んだこと、シーエッチに思ったこと。


全てそのまま掲載させていただくことで
家づくりをご検討の方の参考になると考えるからです。
スタッフのことも、知っていただけます。


工務店目線で、良いところだけを掲載するのは簡単ですが
それはお施主様への裏切りであり、
「いいところだけ見せる」というのは、
なんだかちょっと嘘をついているような気持ちになるので


素直に素直に、すべてのことばを受け止めて
掲載させていただくようにしています。
どんなことばも、お寄せください。


== == == == == == == == == ==


シーエッチ建築工房には、営業マンがいません。
設計、現場監督、広報だけの会社です。
お施主様と工事現場が営業マンなのです。


無駄な電話や押しかけはしません。
メールもほとんどお送りしません。
必要な情報はなんなりとおっしゃってください。
どんな相談でもなさってください。


ですが、
私たちからは押しかけませんし、押しつけません。
自分たちがされたら嬉しくないですから。
それだけの理由です。


そうでした、最後に今回の
宝塚市「朝陽浴びる台所の家」は
月末に完成見学会を迎えます。
ぜひ木の家を見に来てくださいね。


■完成見学会開催■
2020年2月29日(土)・3月1日(日)
完全事前予約制 10:30-16:00(最終受付15:30)
宝塚市 阪急山本駅より南へ徒歩15分ほど
https://www.ch-wood.co.jp/event/2019/12/01183849.html


kinoie_takarazuka_yamamoto_ch_si-etti2.jpg


watanabe2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

設計 渡邊

*宝塚の木の家・シーエッチ建築工房TOPページはこちら*
*資料のご請求はこちらから*

 

Share

資料請求

シーエッチ建築工房の家づくりが
よくわかるパンフレットをお届けします!

見学会・勉強会

見学会や勉強会を通じて
『木の家づくり』に触れてみませんか?

家と暮らしの個別相談

理想の家と暮らしについてお話しませんか?
家づくりへの不安やご質問などにお応えします。
お問い合わせフォームまたはお電話でのご連絡お待ちしています。

TEL: 0798-52-8863営業時間:9:00〜17:15 / 定休日:毎週水曜日