シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2018年12月16日

宝塚市「子ども心いっぱいの家」植木選びへ

カテゴリ : 現場からの便り


こんにちは。
毎週毎週書いている気がしますが
もう今年もあと2週間となりました。


最近知った言葉で
「おことうさんどす」というものがあるのですが
ご存知の方はいらっしゃいますか。


京都の舞子さんや芸子さんがこの時期になると
お世話になっているお茶屋さん等に挨拶へ赴くのですが
そのときに使われていることばで「お事多うさんどす」。
要は、「ことが多くて忙しいですね」という意味なのだそう。


そんな12月ですが、来月の見学会のおうち、
宝塚市「子ども心いっぱいの家」の
外構打合せに行ってきました。
IMG_2051.JPG




現場でウッドデッキの大きさや
植え木のイメージを確認したあとは
恒例、植え木選びの旅へ ♪♪


小雨がしとしと降る中でしたが
かえって冬の乾燥しがちな森が
しっとりやわらかい色味になって


足元のシャクシャクな枯れ葉たちも
なんだかふわふわ、素敵な散策でした。


kinoie_uekierabi_forest_winter.jpg


kodomo_winter_forest_tekuteku_ch.jpg


冬の森をぐんぐん進みます。
葉が無い植栽もありイメージが難しいと伺うこともありますが
常緑樹と落葉樹のイメージや、かえって葉が落ちた姿で
緑がない季節もシルエットがどうか、と選ぶことも。


silhouette_winter_tree_kinoie_kobe.jpg


kodomo_kids_omoide_kinoie_winter.jpg


kinoie_green_gaikou_ch_kobe.jpg


sirakasi_shokusai_gaikou_takarazuka_ch_kinoie.jpg


flower_winter_kinoie_takarazuka_ch.jpg


冬は冬で、たくさん魅力があります。
私はお子様のIくんと、遊びながら散策。

植え木を決める、それが目的ですが
ひとつひとつ、忘れられない想い出になるように。


kids_wood_koukishin_takarazuka_ch.jpg


shoes_foot_winter_ch_kinoie.jpg


かたまった樹液をみつけたり、
一緒にどろどろになって走り回ったり。


外構の打合せの中で、特に植木選びは
お弁当の飾りつけに似ていると、ふと思いました。
ごはんを入れて、メインになるおかずを入れて
そのまわり、さてなにを入れようかというとき


彩りや、栄養のバランスを考えながら
お弁当が偏らないように、小さなおかずやミニトマトを
添えていくのに似ているような気がします。


それぞれに、それぞれの役割があって
見た目だけでなく、役割だけでなく、
愛情こめながら、ひとつずつ。


やっぱりシーエッチの家づくりはいいなぁと
改めて思ったのでした。


watanabe2.jpgのサムネール画像のサムネール画像
渡邊
*宝塚の工務店・シーエッチ建築工房TOPページはこちら*
*国産材・自然素材の木の家*

ページの先頭へ