写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

風抜ける陽だまりと家族の家

オーナーズメッセージ


中古物件を購入して自然素材リフォームを

私たちは、西宮市の門戸厄神駅の近くに、5人家族で住んでいました。
そもそも西宮に住むことになったのは、友人宅訪問がきっかけです。

はじめて門戸厄神の駅におりた時の踏切の雰囲気、そこから見える
かぶと山の眺めに一目惚れしました。

そろそろ住宅購入をと検討していた所だったので、この地にしぼって
物件を探すことにしました。

それが2005年のことです。
駅からの距離、学校環境などを考え、手の届く価格の築10年の
中古物件を購入し少しリフォームすることにしました。



農薬や添加物に気をつける暮らし
 

出産を機に農薬や食品添加物などを気をつける暮らしをしていたので
リフォームをお願いするのも当然、大手ではなく自然素材を扱う
工務店さんと考えました。

自然食品を宅配で購入しておりまして、そちらを介して濱畑会長
と出会うことができました。

ただ物件を購入してから工事をお願いする形になってしまったので、
一目惚れしたかぶと山は見えないし、風の流れを考えた位置に窓はないし、
せっかくシーエッチさんにお願いしたにもかかわらず、
快適といえる家ではありませんでした。

 

子どもたちの成長とともに


リビングは無垢の床なのでとても気持ちよく暮らしていましたが、
子ども達の成長と共に、手狭さと家事動線の悪さなど、
だましだまし生活するには、限界を感じるここ数年でした。



健康のことも

元々アレルギー体質だった私は、こちらに住んでから水が合わないのか
家相が悪いのかよくわかりませんが、ますます体調を悪くしておりました。

そんな暮らしの中、2017年3月、本格的に体調をくずしてしまいました。

ちょうどその頃、弟夫婦が実家をひきづいで住むと決まったり、その他、
私たちを取り巻く様々な事情がよい方へ整いました。

私の健康面、家族の未来像などを話し合い、きちんとした自然素材の家を建て、
そこを終の棲家にしようということになりました。

そこで数年ぶりにシーエッチさんにいってみることにしました。



数年ぶりにシーエッチさんへ

昔より社員の方も増え、女性のスタッフもたくさんいらして、健康という面
だけでなく主婦目線を考えた家をお願いできる気がしました。

今回の家づくりは子ども達の意見も聞き、自分たちが求めているものは
どんなことか家族でたくさん話をしました。

キッチンやリビング、寝室からボーっと外を眺め、遠くに見える山々の変化から
季節の移り変わりを感じることができる家、広くはないけど子ども達それぞれに
プライベートな空間があり、でも自然とリビングに集う家、
そんな希望をかなえてもらうことができました。



偶然のタイミングから 夢が叶う

たくさんの偶然が重なり(いいことも悪いことも含め)導かれるように、
この土地に出会い(立野さんのおかげです)


大工さんはじめ、たくさんの職人さん、何度も何度も相談にのってくださった
渡邊さんをはじめ、シーエッチのみなさまのおかげで、まもなく新天地での
暮らしがはじまろうとしています。


ゆうやけを見ながら、おいしいごはんをつくり、
子ども達の成長を楽しみにくらしたいと思います。 

ページの先頭へ