写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

くつろぎの畳リビングと うんていのある家

オーナーズメッセージ

育休中にシーエッチと出会った

子供が生まれしばらくし、急に「家を買わなくては!」という気持ちがムクムクと湧き上がってきました。
子供の頃から、間取り図を書いては部屋の模様替えを細々と行っていた私は、「家が好き。」という思いはあれど、
家づくりについての知識は全くなし、とにかく育休中の時間のあるうちに調べてみようと思い立ちました。

しかし、まだその頃は、明確に「木の家に住みたい」という思いもなくただ闇雲に情報を集めるばかり・・・
マンション、一戸建て、リノベーションなど、いろいろな可能性を模索していました。

そんな中、インターネットで見つけた「シーエッチ建築工房」のホームページに一目惚れ。
デザイン、家の性能、無垢の木、素材へのこだわり、職人さんの顔が見える。
何より、家づくりを考える人たち(見えないインターネット越しの人々)にしっかり情報を伝えよう
という気持ちが手に取るようにわかりました。

資料集めの段階で、一番のお気に入りになっていたシーエッチさん、リビングショールームも訪問や
完成見学会に参加してもその良い印象は変わらず、こんなお家に住みたいという思いは強まるばかりでした。


一度は諦めようかと

 しかし、ここに立ちはだかる価格の壁。

一度はシーエッチさんを諦めようかと、他社さんをいろいろと見て回る日々が続きます。
ですがやっぱりシーエッチさんへの思いは断ち切れず・・・最終的な決め手は、社員の皆さんの誠実なお人柄と、
やはり抗えない素敵なおうちの魅力でした。


「家を建てる」ことは一生に一度のこと

自分たちが住みたい家に住むということはもちろん、日本の林業や木に精通する職人さん、
そしてそれを大切にされているCHさんのような会社が子どもの世代まで、ずっと残っていてほしい・・・
そんな思いもあり「えいっ!」という思いで、シーエッチさんの胸に飛び込みました。


大きな決断はプロに

そこから始まった打ち合わせの日々は、「こうやって家が出来ていくのか〜。」と初めての体験に

勉強勉強の日々でした。私にとっては、「どの会社さんに家づくりを任せるのか。」を決定するのが、
最重要ポイントでした。だから、シーエッチさんとお家づくりをすると決めて以降は、大きな決断は
プロを信じようと決めていました。なんだかんだ言いましたが。笑 
言いながらも最終的には、シーエッチさんなら悪いようにはしないだろうという信頼がありました。

もちろん家が出来上がるまでには、いろいろな困難にも遭遇しました。大型台風に襲われ、
屋根を覆うブルーシートが飛ばされたり・・・打ち合わせでの意思疎通がうまくいっておらず、
出来上がりが違っていたり・・・でも、そんな時もお話をすれば、シーエッチさんは誠実に対応して
くださいました。


「住んでみてわかること(いいところ)がいっぱいある。」

主人が言った一言です。家づくりに関しては、私のこだわりに付き合ってくれた主人ですが、
主人が一番「いい家やな〜」と日々、つぶやいています。そんな姿を見るにつけ、妥協せず、
シーエッチさんの家に住みたいという思いに正直に進んできてよかったなと実感しています。
 

「家に守られている。」そして「この家を守っていきたい。」

そう思える家を作ってくださった、シーエッチ建築工房の浪江さん、石田さん、社員の皆さん、
KGプランニングの立野さん、藤井大工さん、そして家づくりに関わってくださった全ての職人さんに
感謝の思いでいっぱいです。


こんな家で育つ、子どもが正直羨ましいくらい。

どうかこの家がずっと受け継がれていくような家であれますように・・・

ページの先頭へ