ブログ

お引渡しで伝えたいこと

現場監督の徳毛です。

今日はお引渡しで伝えたいこと。

6月、7月で「2度目のリノベの家」「木の家で暮らすマンションリノベ」のお引渡し、そして来週「つなぐ家」のお引渡を控えています。

お引渡しでは、器具類・サッシ・建具等の取扱い説明をさせていただきます。

もちろん木の家特有の注意点・メンテナンス方法も説明させていただきます。

その中でも私が一番お客様に伝えたいこと。

それは「メンテナンスが多くなる=家の品質が低い」ではない。ということです。

住宅建材は日進月歩で次々と高性能・メンテナンスフリーを謳う製品が世に出ています。

CHで使う材料の中にも機器類はそのような製品を使用しますが、建材は基本的には↑とは逆を行く材料を使用しています。

国産の杉・桧をはじめとする無垢材、珪藻土・漆喰などの左官材、焼杉、自然塗料・・・

決して「メンテナンスフリー」ではありません。

日本人が昔から使用してきた材料を使っています。

そして、これらの材料には、新建材のような大量生産・画一的な製品にはない風合いや個性、質感があります。

(私は日本人のDNAの中には、これらの材料を懐かしむ性質あると勝手に思っています。)

新建材を真っ向から否定するわけではありませんが、我々が創る豊かな空間にはこれらの自然素材が必要不可欠です。

どんな家にも引き渡し後のメンテナンスは必要ですが、自然素材を使用している家はメンテナンスの頻度が多くなる。

と、いうことを必ずお客様にはお伝えするようにしています。


自然素材を使う工務店として、自然素材を扱うプロとして、お客様の「家守り」になる責任感を感じることが大切なことであると思っています。


徳毛

Share

資料請求

シーエッチ建築工房の家づくりが
よくわかるパンフレットをお届けします!

見学会・勉強会

見学会や勉強会を通じて
『木の家づくり』に触れてみませんか?

家と暮らしの個別相談

理想の家と暮らしについてお話しませんか?
家づくりへの不安やご質問などにお応えします。
お問い合わせフォームまたはお電話でのご連絡お待ちしています。

TEL: 0798-52-8863営業時間:9:00〜17:15 / 定休日:毎週水曜日