ブログ

木材見学ツアーを終えて

先週末、木材見学ツアーに初めて参加しました石田です。

木の家をつくる者としてとても貴重な体験でした。

 

国産材.JPG
 

一本の木が切り倒され、皮を剥がれ、丸太になり、芯の部分は柱や梁となる。
その他部分は板状にして一枚ずつ同じ幅になるようきれいにカットし
溝をつけ表面を磨いて一枚のフローリングなどになるという
とても手間のかかる過程を見学しました。
 
一本の柱・梁、一枚のフローリングをつくるのに
こんなに手間と時間がかかっているとは驚きでした。
 
 
自然素材フローリング.JPG
 
 
こんなふうにフローリングの断面をまじまじと見たことがなかったですが
木の年輪が見えますね。
 
 
ここで突然ですがツアーで教えていただいたことからクイズです。
 
Q1.これは杉・桧どちらでしょうか?
 
芯赤い(杉).JPG
 
→A1. 杉 芯が濃いめの赤色なのが特徴だそうです。
 
 
Q2.柱となる木は樹齢約何年物でしょうか?
 
→A2. 60~70年物 一本ずつの柱が60歳で、私の生まれる前からずっと
          育てられてきたと思うと林業の奥深さを感じます。
 

子育て.JPG

 

楽しくもとても勉強になりました。この体験をどんどん生かしていきたいと思います。

石田

 

 

Share

資料請求

シーエッチ建築工房の家づくりが
よくわかるパンフレットをお届けします!

見学会・勉強会

見学会や勉強会を通じて
『木の家づくり』に触れてみませんか?

家と暮らしの個別相談

理想の家と暮らしについてお話しませんか?
家づくりへの不安やご質問などにお応えします。
お問い合わせフォームまたはお電話でのご連絡お待ちしています。

TEL: 0798-52-8863営業時間:9:00〜17:15 / 定休日:毎週水曜日