シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2020年2月 2日

吹田市「小屋のある家」大工さんの道具

カテゴリ : 現場からの便り


こんにちは。渡邊です。
ついに2月になりましたね。


もうあと2日で「立春」。
やっと本格的に寒くなってきたようで
すぐそこまで春がやってきていますね。


さて、昨日は
宝塚市「朝陽浴びる台所の家」の外構打合せ後
吹田市「小屋のある家」にて監督の徳毛と
大工さんと打合せをしてきました。


現場についたのは夕方。
暮れゆく中で窓辺に座る涌井大工の姿。
kinioie_daiku_dougu_teire_ch_suita1.jpg


近づいてみると、足元には大切な道具たちが。
kinioie_daiku_dougu_teire_ch_suita2.jpg


この道具は「鑿(のみ)」というのですが
浅い穴を掘るためのもの、
深い穴を掘るためのもの、
木材に仕上げの加工を施すためのもの
溝を掘るのに適したもの、など
穂先の形状によってさまざまあるんです。


道具好きの私としては
見ているだけで飽きません。


それから「鉋(かんな)」も。
kinioie_daiku_dougu_teire_ch_suita3.jpg
鉋も大小さまざまな役割があり
その大きさや刃の種類、出幅などによって
いろいろな使い方ができます。


kinioie_daiku_dougu_teire_ch_suita5.jpg
涌井さんに近づいてみると
刃をひとつひとつ丁寧に
砥いでいらっしゃいました。


大工さんにとって、道具は手と同じ。
道具を大切に手入れされる職人さんは
同じように家のことも、人のことも、
大切にされる方が多いと思います。


家を大切に思いながら
道具を大切にされて作っていただく。
そんな家づくりをいつも嬉しく感じます。


今日は、板金屋の足立さんもいらっしゃいました。
いつもきれいな屋根・壁の仕上げをありがとうございます。
kinioie_daiku_dougu_teire_ch_suita4.jpg



watanabe2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

設計 渡邊

*宝塚の木の家・シーエッチ建築工房TOPページはこちら*
*資料のご請求はこちらから*

ページの先頭へ