シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2020年1月13日

《番外編》2019年の木の家振り返り

カテゴリ : 現場からの便り


こんにちは。
2020年になって、はや2週間。
なんだか昨年からずっとこんなことを
言っているような気もするのですが
もう2週間、早いですね。


前回、渡邊が《番外編》というかたちで
3000文字のブログを書いたのですが
なんと思いのほかみなさんに好評いただきました。
今回も長くなりますが、どうぞお付き合いください。


今日は昨年1年間の新築の施工事例を
振り返っていきたいと思います。


========================


■1月:子ども心いっぱいの家(宝塚市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/01/01133116.html
坂の多い宝塚で、遊び心たっぷりの木の家を建てました。


1gatsu_kinoie_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


ウッドデッキは南北に配置して
リビングを南にしたり北にしたり
季節に応じた暮らしを楽しむことができます。

お施主様のことばで
印象に残ったことがこちら。

“完成間近のお家を眺めながら、
 私はがんばってあと100年
 生きようと思うのです。
 半分本気で。

 100年生きて100年後きっと
 味のある変化をしているであろう
 この家を見たいのです。”

私たちもそう、思います。
そうある家でありますように。


========================


■1月:薪ストーブを楽しむ丘の上の家(奈良県)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/01/15113208.html


1gatsu_kinoie_nara_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


奈良県で施工させていただいた
丘の上に建つ穏やかな木の家。
外壁はしっとりとした板張り仕上げで
中もゆったりとした空間になりました。

階段裏のデスクスペースは、宿題をしたり
仕事をしたり、家事をしたりの便利空間。

皆があつまる場所と、
それぞれの時間を大切にする場所を
意識してつくりました。


========================


■2月:街の中の幸せ家族の家(茨木市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/01/10151227.html


2gatsu_kinoie_ibaraki_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


シーエッチの木の家はどことなく
開けた場所に建っているイメージが
多いというお声をよくいただきます。

が、実はそんなことはなく
街中での新築の場合でも
室内から窓があけられるよう
配置しているだけなのです。

2月に竣工した茨木市の木の家も
どうすればより広く快適に
暮らせるか工夫を凝らした家。

とても快適に暮らしていただき
季節ごとに暮らしの様子が
お施主様から送られてきます...♪


========================


■3月:縁側で憩う家(箕面市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/03/01114910.html


3gatsu_kinoie_minoo_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


広い土間があったり
縁側や障子があったり。
そんな古民家風の暮らしに
憧れたお家が建ちました。

住宅街ではありますが、
敷地の使い方を工夫することで
プライバシーを確保したお庭。

家事動線抜群のこの木の家で
こどもたちものびのびと
楽しく暮らしているようです*


========================
 

■4月:子育てを楽しむ陽だまりの家(宝塚市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/04/01162455.html


4gatsu_kinoie_wooddesign_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


ウッドデザイン賞の受賞にて
たくさんお写真をアップさせていただいた
こちらのあたたかな木の家。

受賞のポイントは多数あり
暮らしやすさだけではなく
そんなのは当たり前で

森を守るために国産材しか使わず
集成材ではなく無垢を使う
そんなところもあったのだと。

国を木で豊かにしていく
そんな嬉しい賞の受賞、
来年もいただけるように
スタッフ一同がんばります。


========================


■6月:素足でかけまわる木の家(宝塚市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/06/01102512.html


5gatsu_kinoie_wooddeck_engawa_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


この家の特徴は
大きな2階のワンルーム。

子どもたちが小さいうちは
のびのび過ごせるように計画しました。
2階だから散らかしっぱなしでも大丈夫。

将来区切ることができるような
計画はもちろん検討済です。

子供室の上には、ロフトが。
秘密基地にしたり、
旦那様が本を読んだり
それぞれがちょっとひとりになれる
面白い空間になりました。


========================


■7月:薪ストーブのある里山の家(亀岡市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/07/01164049.html


7gatsu_kinoie_kameoka_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


自然豊かな里山に
薪ストーブのある家を建てました。

真っ黒な外壁に、赤い玄関扉。
屋根の上には月見台が。
ちょっと目を引く木の家です。

中はほっこり薪ストーブがあり
家族ぽかぽか、集まる場所に。
朝は2℃まで外が冷えるそうですが
家の中は暖か、16℃前後なのだそう。


========================


■8月:緑薫るウッドデッキの家(川西市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/10/01094943.html


8gatsu_kinoie_kawanisi_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


川西市の住宅街の中に
たっぷり緑を味わえる
木の家を建てました。

その緑のたっぷり具合といったら
建つ前の土地を知ってる人が皆
驚くくらいの出来ばえ。

ここのデッキで夏にぐびっと
ビールを飲むのが美味しそう。

ロフトに設けたデスクも
はずせない見どころのひとつです


========================


■9月:にぎわいウッドデッキの家(神戸市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/10/10105816.html


9gatsu_kinoie_kobe_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


神戸市内、少し高台になった
静かな住宅街に建つ木の家。

大きなウッドデッキは
第二のリビングとして
わいわい賑やかに暮らせます。

ミナペルホネンのタイルを貼った
洗面台は奥様方に大人気でした。


========================


■11月:ほがらか音楽室のある家(伊丹市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/11/01103731.html


11gatsu_kinoie_itami_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


グランドピアノがあるこの家には
防音仕様の音楽室を作りました。

奥様が好きなグレーの色を
一緒に選んであちらこちらに
おしゃれに配置。

毎日使うキッチンや洗面所が
より素敵な空間になりました。

この家で日々過ごすことが
いちばんの幸せになりますように。


========================


■11月:猫たちと気ままに暮らす家(宝塚市)
https://www.ch-wood.co.jp/case/2019/12/20120454.html


11gatsu_kinoie_neko_myhome_takarazuka_ch_0113.jpg


2019年最後の新築工事。
猫2匹と暮らす木の家ができました。

早いものでお引渡しからもう1ヶ月、
猫たちがぽかぽか過ごす写真が
お施主様からは届いています。

猫たちにも性格があるので
その子たちも楽しく暮らせるか
たくさん聞きながらの打合せ。

のんびり暮らしてもらっていて
私たちもとても嬉しいです。


========================




ここでみなさんお気づきでしょうか。
上記の内容、実は年末更新しました
instagramからの引用です。


ここのところとてもたくさんの方にご覧いただき
気づけばブログでその内容をお伝えできていなかったので
今回ブログでのご紹介をさせていただきました。


他にも、instagramでは木の家の事例を
週に5日ほどのペースで更新中。


例えば、
畳のスペースをどんなところに作るかということや
キッチンはどんなふうに作ったらいいかということ。


kinoie_washitsu_myhome_japaneseroom_ch.jpg


kinoie_kitchen_tokubetsu_sakuranamiki_cherryblossom.jpg


畳のスペースをつくるのなら
それが和室として独立したいのか
ただ居間の近くでごろごろしたいのか
それとも居間そのものが畳がいいのか、など。
いろんな考え方ができますね。


また、キッチンをつくるのなら
手元を隠したいのか、あえて見せるのか
テレビは見たいのか、見たくないのか。
アイランドがいい、対面がいい、
そもそも選び方がわからない、、など。


みなさん家づくりをするのは
人生で1度という方がほとんどですよね。
それも、こだわりの注文住宅となると尚更。


なのに、少し考えてみると
衣・食・住の3つのなかで
ミシンの実習(衣)や調理実習(食)は小学校で習うのに
なぜ家の作りかたは、学校で習わないんでしょう。
大人になって学ぶしか、ないのが現状。


そんな家づくりですが、もしも失敗したら。
誰のせいにもできないんです。
人のせいにしても、やりなおせません。
だからこそ、しっかりお施主様も勉強しましょう。


私たちの住まい教室に、いらしてくださいね。
https://www.ch-wood.co.jp/event/school/


========================


さて、家づくりの話に戻しますが
和室やキッチンのように身近なものでも
いざプランの打合せになると、悩んでしまい
設計の渡邊や石田に相談される方が大半。


ですが、それで良いのだと思いませんか。
わからないことは、作り手に聞く。
年間何棟も実際に家を建てている
工務店さんのスタッフに聞いてみましょう。


私たちのように、年間で10棟前後の会社でも
10年経てば100棟の家を新築しています。
はじめて家を建てるお施主様と、工務店、
どちらが家づくりのこと、得意でしょうか。
だから、任せてみてください。


========================


シーエッチ建築工房の
instagramやFacebookでは、
そういった家づくりの疑問について
わかりやすく事例を掲載しています。


先日は、ビルトインガレージのことや
屋根の上の面白い使い方なども掲載しました。


kinoie_myhome_carport_takarazuka_gaikan_ch.jpg


kionie_yanenoue_myhome_kameoka_tukimidai_ch.jpg


それから、
こんなものもご用意しています。
ちょうど今日、仕上がってきました、
シーエッチ建築工房の木の家についての冊子。


kinoie_gorogoro_mukunoki_myhome_ch_takarazuka5_siryouseikyuu.JPG

 



90ページの
こちらの冊子を読んでいただけば
私たちシーエッチ建築工房のスタッフが
どんな家づくりをしているのかが、わかります。


まだご覧いただいていない方は
どうぞこの機会に、おっしゃってください。
弊社で家を建てられない方も大歓迎です。
日本中に、こんな木の家が増えればいいなと思います。




new_namie.jpg
浪江


*宝塚の木の家・シーエッチ建築工房TOPページはこちら*
*一級建築士事務所 シーエッチができるまで*

 

ページの先頭へ