シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2018年12月14日

木の家のお手入れ【ウッドデッキ】@宝塚

カテゴリ : CHチャンネル

こんにちは。今日で12月の2週目が
終わりますね。
クリスマスと年越しの準備をしていると、
心は新しい年に飛んでしまうのですが・・・
いや、まだ今年は17日も残っている!
今年の残りをていねいに過ごしたいと
思います。


さて、わが家は、竣工後3年目の木の家。
リビングから大きなウッドデッキが続き
日々楽しく過ごしています。


家族や友人がウッドデッキにわいわいと
集まったり、子どもたちが土足で歩くことが多く、
使用度がかなり高めです。



今回は、家族で楽しく家のメンテナンスを
楽しみたいなーと、ウッドデッキの塗装に
チャレンジしてみました。

 

外壁、フェンスの一部でも、塗りなおすだけで
家の外観が引き締まって見えますよ。


5月下旬か、11月上旬の頃ですと季節もいいですね。


家の外部は日光や雨風に晒されるため、
特に木部は、紫外線を防ぎ、防カビ効果のある
オイルステイン塗装で仕上げています。

シーエッチ建築工房では、シッケンズ社、
リボス社の製品をおすすめしています。
 

sikkenns.jpg      ribos_image.jpg


エボニーやチーク、といった色味別に
なっていますので、ご購入の際は
お確かめください。
 
半透明の塗料なので、木目が自然に見え、
家の外観を落ち着いた雰囲気に整えます。


使用状態や日当たりなどにもよりますが、
2~3年に1度の
塗装がおすすめです。

 

■用意するもの

・サンダー(電動研磨機)
 もしくは紙やすり
・雑巾、デッキブラシ
・刷毛
・軍手またはビニール手袋
・マスク

※サンダーはホームセンター等で
  レンタルできるところがあります。

 

■やってみましょう

1.そうじ    
  汚れ、付着物、よぶんな油分を取り除き、
  デッキブラシやほうきで掃いたあと、
  雑巾等で拭きます。
 

blashing.JPG


 

必要に応じて、木目にそって軽くサンダーがけ、
やすりがけをします(#80〜#180)。

サンダー屑はきれいに取り除いて、
木材表面をきれいにしましょう。
やすりがけを丁寧にすると、仕上がりの
ツヤに違いが出ます。

 

sander.JPG

 

 

2.下塗りをします。

  16m2/L の使用が目安です。
   ※ 必ず乾燥した木材に塗ってください。

  塗装前に良く攪拌して、木目に沿って伸ばす
  ように刷毛で塗ります。
  子どもがお手伝いする場合は、マスクをさせ
  て、長時間しないようにします。
 

tosou.JPG

 

3.乾燥させます。
 
  約16時間(20℃ 相対湿度65%)以上放置
  して、しっかり乾燥させましょう。

  拭き取りは不要です。


4. 乾燥後、必要に応じて表面を
   軽くサンディング(#240〜#320)し、
      毛羽立ちや刷毛の抜け毛を取り除きます。

5.下塗りと同じようにして上塗りしましょう。
  下塗りよりも少ない分量の塗料で済みます。

6.乾燥 約16時間(20℃ 相対湿度65%)以上
  放置してしっかり乾燥させます。
  拭き取りは不要です。




2度塗り完了後。

部分的に光って見えるのは、やすりがけを
ていねいにした箇所につやが出ているためです。
 

finish.JPG


シッケンズ社は、優れた耐候性を発揮させる
ために、合計3回塗りを奨励しています。

今回私は下塗り、上塗りの2回でしたが、
十分に雨をはじいています。




初めてウッドデッキのオイル塗装をしてみま
したが、忙しく過ごしている時に、刷毛を無心に
動かしていると、気分がスッキリ整理できて、
疲れが取れたような気がしました。


慌ただしい日々のなかだからこそ、おすすめの
過ごし方です。





 

 

*宝塚・西宮・伊丹・神戸・川西・大阪・京都*
*木の家の注文住宅 メンテナンスも楽しめる*
*シーエッチ建築工房TOPページへ*


 

ページの先頭へ