シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2018年10月21日

宝塚市「風抜ける陽だまりと家族の家」お引渡し

カテゴリ : 現場からの便り


こんばんは。
昨日、宝塚市の「風抜ける陽だまりと家族の家」が
無事竣工、引渡しを迎えました。


いつも引渡しの日はなんだか不思議な気持ちになりますが
このお家はプランから任せていただいたお家だったので
いつも以上に嬉しいような、寂しいような、早く見てほしいような。


gaikou kinoie takarazuka sinchiku syokusai.jpg


気持ちの良い南の方向を開いて、
建物が密接している東西を閉じたプラン。
そんな中でも、水回りの快適性には特にこだわりました。


sennmennshitu zousaku orijinaru kinoie takaraduka si-etti.jpg
(メーカーの洗面台+造作収納)


dryroom rundryroom kinoie si-etti takaraduka.jpg
(洗面室と分けたドライルーム)


ひととおり、竣工の確認をしていただいたあとは
入社から気づけば半年の桂木、書類説明をがんばりました。
(私も隣でなんだかそわそわ)
syorui hikiwatasi kinoie takarazuka koumuten si-etti.jpg


その後、監督徳毛から機器類の説明や、畳の上げ方などのご説明。
その様子も撮ろうとカメラを構えたのですが、良いタイミングで社長が。
ピントは完全に社長の頭になっておりました(笑)
tatami washitsu kinoie koumuten si-etti.jpg


あれこれと、ご説明でお家の中をうろうろし、
リビングに戻ってきたら、そこにはなんだか良い空気感の
社長と設計石田が。
tyuumonnjuutaku koumuten kinoie si-etti takarazuka nisinomiya wasitu koagari.jpg
そう、ついついこの窓の方を向きたくなるお家なんです。
なんだかいいですね、この距離感。


撮っていたらすぐ気づかれてしまって
社長が石田を笑わせはじめたので、この笑顔♪
nonbiri koagari kinoie si-etti takarazuka hyougo.jpg


やっぱり愉しい、やっぱり素敵、
造り手も楽しんでいる私たちの家づくり。


「シーエッチさんにして良かったです」
「渡邊さんが担当でいてくれて良かったです」
「完成は嬉しいけれどもっと打合せをしていたかった」


なんて、まだまだ至らないことも多い私に
そんな嬉しいことばもかけてくださりました。
ですが、ここからが「暮らし」のスタートなので
暮らしていただいてからも満足いただけるように
これからもよろしくお願いいたします。


watanabe2.jpgのサムネール画像のサムネール画像
渡邊
 

*宝塚の工務店・シーエッチ建築工房TOPページはこちら*
*国産材・自然素材の木の家*
 

ページの先頭へ