ブログ

風邪知らずの冬には…。

こんにちは。

このところ秋を過ぎて冬がやってきているな

と感じるほど寒い日が多いですね。

 

さて先日住んでいるマンションの管理人室前に

かりんの実が置いてありました。

 


マンションの敷地にあるかりんの木になった

かりんの実を住人の方どうぞ。

という事だったようでせっかくなので

いただいて帰りました。

よくのど飴などに入っているかりんですが

そのままでは固くて食べられないので

かりん酒、かりんジャム、かりんのコンポート

かりんのはちみつ漬け等にすることが多いようです。

 

私はマメに料理なんかをするほうではなく、

キャラ弁なんかもセンスなし!なのですが…。

季節の果物をシロップにするのが好きで

梅やリンゴやイチゴもシロップにして

炭酸で割ったり、お湯で割ったりして楽しんでいます。

でもかりんは初めてでした。

さっそくクッ〇パッドで作り方を調べてみました。

―作り方―

①かりんを少し熱湯で煮て一晩置くと皮に蜜がついてきます。

②その後薄くスライスし、砂糖またははちみつと同量を交互に瓶に詰めていきます。

③一か月ほど皮がしわしわしてくるまで置き、

 最後は鍋でグラグラ煮詰め、シロップだけを濾してできあがりです。

(レモンや酢を一緒に漬けると殺菌効果があります。)

 

 

今は一か月の放置期間中です。

二日に一回は蓋をあけガスを出します。

最初は本当にかりんのど飴のような

スーッとする香りがしていましたが

3週間ほど経った今は

砂糖やはちみつ、レモンと相まって

とてもいい香りがします。

もう少ししたら煮詰めて完成です。

のどが痛いときは原液を、

普段はお湯割りにして飲むと

一冬風邪知らずだそうです。

ですので今年の私は風邪を引かない予定です!

種やそのまわりのワタには

よい効能があるのでお茶パックに

入れて一緒に漬けるといいそうですよ。

 

この瓶の中で砂糖と果物が混ざり合っていく

姿を毎日見るのが楽しいんですよね。

 

 

木の家のキッチンなら

こんな飾り棚にして並べていきたいなぁ。

土間や床下収納なんかに保存していくのも

いいですよね。

なんて妄想は膨らみます。

 

みなさんも冬の寒さに負けずに

乗り越えていきましょう!

 

 

馬場

Share

資料請求

シーエッチ建築工房の家づくりが
よくわかるパンフレットをお届けします!

見学会・勉強会

見学会や勉強会を通じて
『木の家づくり』に触れてみませんか?

家と暮らしの個別相談

理想の家と暮らしについてお話しませんか?
家づくりへの不安やご質問などにお応えします。
お問い合わせフォームまたはお電話でのご連絡お待ちしています。

TEL: 0798-52-8863営業時間:9:00〜17:15 / 定休日:毎週水曜日