より深くCHの基本性能を知るために 温熱性能

真撃な取り組みで国の基準を上回る「温熱性能」。

「温熱性能」とは、暖房や冷房にかかるエネルギーをいかに抑えることができるかという能力。
換言すれば省エネ能力ともいえるものです。

シーエッチでは徹底的に温熱計算を行うことで、国による平成25年省エネ基準を超える性能を実現しています。工務店や住宅メーカーの中には、温熱の早見表などをもとに、あるレベルまでをクリアする断熱材やサッシを使用することで、細かい温熱計算を行わないところもあります。しかしこの計算を行わないと設計の自由度などが奪われるという弊害も生まれます。そこで床・壁・天井に使用される石膏ボード、断熱材、外壁の下地板、モルタルなど、それぞれの部材ごとに熱還流率を出し、さらに熱対抗値、総熱損失量を算出。これをもとに国の基準に対しワンランク上の水準を確保しています。

また温熱性能の高めるために、使用する部材はできる限り環境負荷の小さなものを採用。
温熱計算の実施とともにより高い温熱性能を実現しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

PDFで見る

PDFで見る

長期優良住宅基準について

長期優良住宅とは、平成21年施行の「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」で様々な基準を満たし認定された住宅を指します。認定されるためには、数世代にわたり使用できる躯体構造であること(劣化対策)、地震に対して、損傷レベルの低減が図られていること(耐震性)、内装・設備などの維持管理が容易であること(維持管理・更新の容易性)、居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能なこと(可変性)などの他、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、環境保全計画といった基準項目をクリアしなくてはなりません。そして、この認定を受けた住宅は、税制面や融資面で特別な措置の対象とされます。これに対してシーエッチが設計・施工する住まいは、全てがこの長期優良住宅基準を満たしており、最高レベルの安全性、安心、暮らしやすさを具現化しています。

【詳しくはJBNのWEBサイトをご覧ください】

ページの先頭へ