木のプロフェッショナル!!適材適所で生かされる素材たち

産地直送の木材を適材適所で。

日本で住まいをつくるなら、同じ日本の気候風土の中で育った木々を材料とするのが一番。そこでシーエッチでは、三重県熊野や奈良県吉野、さらに青森県内、兵庫県内など、国内の製材所と提携し、中間業者を省いた産地直送による木材調達を行っています。調達される木材は、杉、檜、ヒバなどをはじめとする品質に優れた多彩な品種です。そしてこれらの様々な木材は、湿気に強いもの、シロアリに強いもの、さらに大きな力に対して耐久性に優れるものといったように、それぞれの適性に合わせて適材適所で使用されていきます。また木材を調達する際は、お客様とともに製材所まで赴き、現地で木材を加工している職人たちと対面で、その木材の特長や品質について語り合い、生産者とエンドユーザーが信頼関係を築けるような取り組みも行っています。生産者の顔の見えない木材は使用しない。私たちは、長く安らかに暮らすことができる住まいをつくるためには、こうしたことが当然であると考えています。

一口に木といっても、その特性や効用は多種多様。
CHではそれぞれの持ち味と性質を最大限生かすよう、使い方を工夫しています。材料の強度や耐久性はもちろん、ポイントは"いかに心地よいか"。肌触りやアロマ効果、音の響きや目に優しいか・・・、などで判断します。例えば、子ども室の床には、α波(リラックスかつ集中できる)を出やすくすることから、杉・桧などをおすすめしています。また、地産地消という意味で、90%以上の材料が有数の産地から仕入れた国産の無垢材。これらを中間業者を通さずに直接買い付けることで、山にお金を還しつつ、コストも削減できます。また、顔が見える仕入れをすることで、材料の品質に責任を持って対応してもらえるなど、多くのメリットがあります。下記にCHがよく使う材を表にまとめてみました。

想い出に残る「木材見学ツアー」も実施。

シーエッチが家づくりに使用する木材の多くは熊野産材。弊社代表取締役濱畑の故郷でもある同地の木材は、好条件に恵まれた土壌が良質な杉や桧の生育に適しています。また、吉野産木材のようにブランド化されていないので、コストがかかるということもありません。

シーエッチではこれから家を建てられる皆さまを「木材見学ツアー」
(1泊2日)にご案内しています。

  • 奈良県吉野【森庄銘木】
     大黒柱・床・柱などをお選びいただきます。
  • 三重県熊野【野地木材工業】
     実際にご自身の家に使われる木材の製材過程をご見学いただくとともに世界遺産の熊野古道及びその周辺観光も実施します。

顔の見える流通、仲介業者を通さない流通を確保してコスト削減を図るだけではなく、地元業者さんとお客様が直接出会うことで、お互いの想いに触れ、仕事や家に一層の愛着を持っていただけたら・・・。
という思いから始めたこのツアー。家づくりの大切な思い出の1ページとなるこの旅は、いつしか「もう一度行きたい!!」というお声をいただくほどのシーエッチにはなくてはならない人気 のツアーとなっています。

木以外の主な建材・素材について

建材・素材 用途 素材 特徴
漆喰 内・外壁仕上げ材 石灰・麻・水等 白く冴え冴えとした美しさが際立つ昔ながらの左官技法。
ホルムアルデビドの吸着効果にも注目されている。
珪藻土 内壁仕上げ材 植物性プランクトンの化石 調湿・脱臭効果が注目されている塗り壁建材。
掻き落とし 外壁仕上げ材 白セメント・石灰・寒氷石・砂利 モルタル表面を硬化直前にワイヤーブラシで削り落して荒面にする仕上げ。
年数が経っても味わい深い美しさが持続する。
ガルバリウム鋼板 屋根・外壁材 鋼板にアルミニウム・亜鉛等の合金メッキを施したもの 耐久性・加工性・軽量性に優れており、そのデザイン性を生かした素材で、波板の外壁面が美しい。全面施工も行っている。
Moiss(モイス) 内装ボード バーミキュライト(天然鉱物)等 有機物質の吸着・分解し、高い吸放湿性能を持つ。
防火性・耐震性・施工性にも優れ、メンテナンスも簡単。
和紙 内装材 木・草・こうぞ・みつまた 建具、壁紙、照明等に使用でき、やわらかな和の風情を醸し出す。
環境負荷も少ない。
吸放湿性能を持つ。
パーフェクトバリア 断熱材 ポリエステルの綿 リサイクルペット樹脂が原料の断熱性・健康性・環境性・施工性に優れた断熱材。
セルロースファイバー 断熱材 新聞紙 未使用の新聞紙を粉々にして作られている天然木質系の断熱材。
健康面・環境面・施工性・遮音性に優れている。

無垢の木以外の素材についても、環境負荷が小さく、本物の質感があり、"心地いい"と感じられるものや、経年するごとに味わいが深まるもの、健康的で長持ちするものを選定基準にしています。

ページの先頭へ