より深くCHの基本性能を知るために 環境性能

人と地球に優しい木の住まいは抜群の「環境性能」。

詳しくはこちらをご覧ください。

PDFで見る

「環境性能」は大きくふたつに分けられます。

ひとつめは、住む人を取り囲む、人に最も身近な生活空間としての性能、つまり、その住まいで暮らしていると、木々が放出する好ましい物質により集中力が増したり、落ち着くことができたりと、毎日健やかかつ安らかに暮らすことを可能にする能力です。これを私たちは常に念頭に置き、住まいづくりに臨んでいます。

ふたつめは、ライフサイクルアセスメント(LCA)における性能です。LCAとは、ある製品が、製造過程から、使用過程、そして使い終わり廃棄される過程までの全てにわたって発生する総合的な環境負荷を指します。この観点からすれば、木材は、自然が育み、使用中には何ら環境に影響を及ぼさず、さらに最後は自然へと還っていくという他にはない特長をもっていますので環境負荷が低いといえます。またシーエッチのように国産材を使用すれば、輸入材より輸送による環境負荷も抑えることが可能になります。つまり国産材による木の住まいは、環境性能がたいへん高いというわけです。

長期優良住宅基準について

長期優良住宅とは、平成21年施行の「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」で様々な基準を満たし認定された住宅を指します。認定されるためには、数世代にわたり使用できる躯体構造であること(劣化対策)、地震に対して、損傷レベルの低減が図られていること(耐震性)、内装・設備などの維持管理が容易であること(維持管理・更新の容易性)、居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能なこと(可変性)などの他、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、環境保全計画といった基準項目をクリアしなくてはなりません。そして、この認定を受けた住宅は、税制面や融資面で特別な措置の対象とされます。これに対してシーエッチが設計・施工する住まいは、全てがこの長期優良住宅基準を満たしており、最高レベルの安全性、安心、暮らしやすさを具現化しています。

【詳しくはJBNのWEBサイトをご覧ください】

ページの先頭へ