写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

CHでは新築工事中のお宅の完成見学会が近付いた頃、建て主様に思い出いっぱいの家づくりを振り返った「オーナーズメッセージ」をご寄稿いただいています。CHと一緒に進めてきた家づくりへの想いがギュッと詰まったこのメッセージと一緒に、確かな設計力と木の家の温もりを感じる施工事例写真集をご覧ください。

ウッドデッキ・植栽の施工事例

木と遊ぶ ボルダリングのある家

【竣工:2018年4月】  延床面積 112.49㎡ (34.02坪)

【設計者からのメッセージ】
シーエッチ建築工房の家づくりの流れをご紹介いたします。

ご家族それぞれの希望をノートなどに全部書き出してください。
もちろん、みんなそれぞれの希望は違うかもしれませんが、それを家族で共有しましょう。
その中で優先順位をつけてください。

もっと写真を見る

小上がり和室のある平屋の家

長期優良住宅
【竣工:2018年2月】  延床面積 101.60㎡ (30.73坪)

この場をお借りしまして、私たちの家の建築に関わって頂いたすべての皆様へ感謝と御礼を申し上げます。

皆様はじめまして。我が家は私、妻と1歳半になる息子の三人家族です。夫婦揃ってスキーやスノーボード、登山など自然で遊ぶことをこよなく愛しております。結婚して2年半、私が生まれ育ったこの町で、家を新築することになりました。

もっと写真を見る

趣味室と書斎のある家

長期優良住宅
【竣工:2017年12月】  延床面積 113.85㎡ (34.43坪)

小さなドキドキと大きなワクワクを胸に、初めて打ち合わせに訪れたのが1年前のクリスマスイブ。子どもの頃、毎日"あした"が楽しみで時間が長く感じられたあの懐かしい感覚を、こうしたまた体験できるとは思ってもいませんでした。

もっと写真を見る

木の家で夢を育む 芸術家たちのアトリエ

【竣工:2017年11月】  延床面積 98.04㎡ (29.65坪)

以前から多趣味の私の物が増え、主婦には自分の部屋などないのが当たり前なので、リビングを楽器やカメラや小物が占領するようになっていました。日本画を学ぶひとり娘の部屋も四畳半という狭さで、机とベッドだけでいっぱい。部屋の壁も砂壁で絵が飾れないと嘆いていました。

もっと写真を見る

お気に入りと暮らす 格子の家

長期優良住宅
【竣工:2017年9月】 川西市  延床面積 124.75㎡ (37.73坪)

友人や同僚が家を買ったという話をよく耳にするようになり、もともと抱いていた家を買いたいという気持ちが強くなってきました。娘が就学していない今が絶好のタイミングかもと思い、とりあえず家探しをスタートしたのが去年の4月でした。
ですが、建売住宅などを見ても、どこかしっくりきませんでした。

もっと写真を見る

音楽室のある平屋暮らしの家

長期優良住宅
【竣工:2017年8月】 宝塚市  延床面積 83.50㎡ (25.25坪)

『パッシブデザイン』言葉のすてきな響きにつられてたどっていくと何と身近な宝塚にその会社はありました。自然の流れを生かしエアコンに頼らない、風が通り、陽をさえぎる深い軒や陽だまりを得られる縁側...それらは先人が地方の気候に応じて家づくりをしてきた知恵そのもの。

もっと写真を見る

子どもと楽しむ 板張りのゼロエネルギーハウス

長期優良住宅
【竣工:2017年7月】 川西市  延床面積 105.38㎡ (31.88坪)

2016年の7月まで主人、私、息子(当時二歳)、愛犬のシャビ(日本から一緒に赴任時に連れて行きました)は仕事の都合でタイのバンコクに6年間住んでいました。

もっと写真を見る

海の香りと 休日を楽しむ家

長期優良住宅
【竣工:2017年4月】 神戸市  延床面積 118.13㎡ (35.73坪)

私たち夫婦は様々な生活環境、住環境で暮らしていましたが、いよいよ終の住処を探す年齢(いよいよ50代!)になっていました。

もっと写真を見る

犬とかけまわる 里山の家

長期優良住宅
【竣工:2017年5月】 川西市  延床面積 107.10㎡ (32.40坪)

理想通りの我が家が出来上がり、喜びの気持ちでいっぱいです。この家での暮らしが楽しみで仕方なく、毎日夫婦二人で新生活を想像しながら過ごしております。このような素敵な家を設計し、建築して頂いた、シーエッチ建築工房の皆様と棟梁の平井さんはじめとした職人の皆様には、心から感謝しております。

もっと写真を見る

朝日のダイニングと 陽だまり土間玄関の家

長期優良住宅
【竣工:2017年2月】 宝塚市  延床面積 92.77㎡ (28.06坪)

今から振り返れば、本当に自分たちの家を建てることになるとは思いませんでした。ちょうど1年ほど前、なんとなく家をつくるということが気になり、自宅近くにあるログハウスの展示場を冷やかし半分で訪れたのが始まりでした。数日後、私の様子を見て何か感じたのか、インターネットでログハウスについて調べていた夫が「こんな木の家もあるみたいやで」と見せてくれたのがシーエッチさんの家でした。

もっと写真を見る

ページの先頭へ