写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

土間のある家 マンションリノベーション

オーナーズメッセージ

 

はじめに

 

この場をお借りして、私たちの家づくりにご協力頂きましたすべての方々に、心よりお礼を申し上げます。

家づくりに対してまったくの素人の私たちが、こんなにも素晴らしい我が家を構えることが出来ました。

 

近隣の皆様、長期間にわたる工事をご了承頂き、本当に感謝しております。ありがとうございました。

 

また、シーエッチ建築工房の皆様、素敵な空間をありがとうございます。感謝を述べるときりがありません。稚拙な文章ではありますが、私が感じたことを書きたいと思います。

 

 

 

シーエッチさんとの出会い

 

結婚をし、娘が生まれて私たち夫婦が口に出さずとも思っていたことは同じで、子育て環境の良い場所で家族のびのびと暮らしたい、自分たちの家を持ちたい、なにより娘が幸せに暮らせる場所を、ということでした。

 

日々子育てに追われる中、とりあえず動いてみよう!やっぱり戸建てかな、とたまたま他社で分譲中のモデルハウスを見学させて頂きました。とてもきれいで素晴らしいのですが、どうもしっくりこない。これが二人の感想でした。

 

そんなとき、主人が見つけた工務店がシーエッチさんでした。

資料請求をすると、温かみのある手書きのお手紙が添えられており、今思えばその頃からシーエッチさんに惹かれていたのだと思います。

 

そこで、シーエッチさん主催の「住まい教室」に参加することにしました。事務所は木の香りがし、憧れの暖炉もありわくわくしました。しかし私たちは、「住まい教室」に参加したことにより資金というとてもとても高い壁に打ちのめされることになるのでした。

 

 

 

家づくりのはじまり

 

住まい教室に参加したことで、自分たちの置かれている状況や考えを改めて確かめることが出来ました。

 

資金の問題がある中、木の家に住みたいという考えはより強くなっていました。賃貸マンションに住んで思ったのは、家族をそばに感じることができるということ、また面倒くさがりの私たち夫婦にとって、階段のない生活はとても快適であるということ、また主人が阪神大震災で被災しており、耐震面などを考えてシーエッチさんにマンションリノベーションをお願いしよう!ということに至りました。

 

OBさん宅を見学させて頂いた際には、初めてなのに居心地の良さを感じ、豊かな暮らしとはまさにこのことなんだと実感しました。

 

それからシーエッチさんおなじみの立野さんをご紹介いただき、検討していたマンションを一緒に見て頂きました。初めてお会いした感じがまったくせず、本当に親戚のおじさんかと思うような安心感、()皆さんに背中を押していただいてその日に契約を致しました。

 

 

驚くほどのスピードで一生のうち一番高価な買い物を済ませてしまったことに後から少し不安になり、帰り道はそわそわ落ち着かなかったです。

 

ですが、これからの長い人生、自分たちの望んでいた暮らしが出来ることに有難いな、幸せだなあと感じました。

 

 

 

立ちはだかる壁 その2

 

さて、お楽しみの事務所での打ち合わせが始まりました。

 

事務所まで片道2時間かけて当時生後7か月の娘を連れ毎週電車で通いました。

なかなか大変でしたが、仁川の街並みがきれいで、訪れる度癒されました。桜がきれいで、途中家族で日向ぼっこもしました。

 

事務所の皆さんも娘とたくさん遊んでくださり、スムーズに打ち合わせを行うことができ感謝しております。

 

設計士の浪江さんに素敵な空間をご提案頂き、図面とにらめっこしながら毎日夫婦で考えました。

 

そして私たちはこだわりがとても強かったので、玄関土間は絶対欲しい、スタディースペースを、ステンレスキッチンがいい、キッチンには絶対タイルを貼りたいと、自分たちの希望をこれでもかというほど詰め込んだプランになりました。

 

ショールームに行くことも、タイルを見に行くこともすべて楽しかったです。

 

最終の見積もりが出で驚愕、またしても資金の壁が。。。夫婦でさらに話し合いました。

 

 

途中つらくて投げ出したくなることもありました。最終的に、ステンレスキッチンもスタディースペースもなくなりました(笑)とてもシンプルな空間になったように感じましたが、私たちには合っているんじゃないか、シンプルの中にも暮らしを彩る細やかな工夫がされている空間は、どれも期待以上のものでした。

 

なにより、娘がこの空間で遊んでいるところを想像すると、とても幸せな気持ちになりました。

 

 

 

おわりに

 

ついに完成が近づき、新しい家での暮らしが始まるとわくわくしております。

 

子育てに追われる毎日ですが、丁寧な暮らしを心掛け、皆様に造っていただいた家と共に家族で成長していきたいと思います。

 

 

改めましてご協力頂いた皆様に感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

ページの先頭へ