写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

家族をつむぐ 平屋暮らしの家

オーナーズメッセージ

はじまり


  家を建てるならこんな家、こんな暮らしがしたいと妄想するのが長年の趣味でしたが、まさか本当に家を建てることになるなんて夢にも思っていませんでした。ましてや私は関東から結婚で数年前にこちらに来た身、まだまだ土地勘も無く全くどこから手をつけたらいいものやらと、まずは家づくりの漫画や本や雑誌、ネットなどを読み漁る日々が続きました。

  そのうち見えてきたのは、縁側から緑いっぱいのお庭の広がる日本家屋で、土と近い生活がしたいということ。味わいのある日本家屋を中古で見つけてリノベーションしよう、というところに行き着きました。

  気になる田舎町へ行って、昔から住まわれている詳しい方に町を案内してもらったり、おしゃれな感じのリノベーション会社に話をしてみたり、不動産屋さんを通して物件を見に行ったり。そんな中、川西市大和という町を訪れ、第一印象からなんだか妙に落ち着く雰囲気を感じたのを覚えています。しかし、なかなかこれといった物件に巡り会えず、時が過ぎて行きました。



シーエッチさんとの出会い


  ある日、インターネットで別の調べものをしていた際、偶然シーエッチさんのOBの方が書かれた家づくりの記録に辿りつきました。そこには大工さんの美しい職人技の事や、工務店の方々がとても素晴らしいということ、本当にここで建ててよかった、これから住めて嬉しいという思いがひしひしと伝わってくる記録でした。そんな風に思えるなんて、なんて素敵なんだろう!と、シーエッチさんがどんな家を建てているのか詳しく調べもせず(笑)直感を信じすぐに資料請求をしました。

  資料請求のメールをして、返ってきた浪江さんからの温かく優しいメールの文章、そして届いた資料に添えられた前田さんからの丁寧な手書きのお手紙、ところどころに貼られた付箋のちょっとした一言書き、そんな細やかな心づかいから、すでにとっても良さそうな会社だという事が伝わってきました。とりあえずは、住まい教室に参加してお金のことについて学ぼう!ということになったのでした。

  初めて伺ったシーエッチさんの事務所の木のいい香りにまずびっくり。また無垢の床の気持ちいいこと。そしてスタッフの方々の初めて会ったとは思えないなんとも心地よい雰囲気。当時0歳だった娘もすっかりリラックスして終始ニコニコしていました。お金について社長のわかりやすいお話しを聞き、その後シュミレーションを作っていただいて、 一気に現実味がわいてきました。そこへその日たまたまやってきていた立野さんを紹介していただき、私達の土地探しがまた具体的に始まりました。そういえば、この時終始ご機嫌だった娘が立野さんを見て泣きました。いまではすっかり慣れましたが、忘れられない思い出です(笑)

 

土地探し


  立野さんとの土地探しはいつも楽しく、とても勉強になりました。なんだかんだこだわりの強い私に根気良く付き合っていただき感謝しています。出会うべき物件に出会った時にはきっとなにか感じるものがあるから。ちょっとでも違うと思ったらやめたほうがいいよと言っていただき、本当にたくさんの物件を見せていただきました。

  そんな中で、また川西市大和に来ることが何度かありました。前にもそういえば来た場所、やっぱり落ち着く。空が広くて空気がきれいで、騒音が無い。近くの里山の風景がこれまた素晴らしく、どことなく自分の田舎にも似た空気感があり、来るたびにどんどん好きになってしまいました。この町に住んでいる自分達や学校に通って青春を謳歌する娘の姿がなぜか想像できたのです。そこからは、なんとしてでもこの町に住みたい、と思いこの町だけに絞って探し続けました。

  最初に見つけて気に入ったのがまさに探していたいい感じの中古の日本家屋。角地で庭があって縁側もある。欄間や木の格子の引戸も好みでした。ここをリノベーションしたらどうだろう。ただ、二世帯として使われていた為少し広すぎたのと、値段が高いことが引っかかっていました。とはいえ、やはりなかなかこれ以上の物件に出会えなかったので、後日、浜畑社長に見てもらいました。その結果、全体的に家が傾いていること、ところどころ雨漏りがあるので中が腐っている可能性が高いこと、中を開いてみないと分からないが、おそらく新築を建てるより高くなってしまう可能性が大きいとのことでした。1番気に入っていたので少しがっかり…。

  その後、ついでに一応、といった感じで私が不動産サイトで見つけた新着の土地が近くに出ていたので期待せず見に行くことになりました。そこでまさかの、ビビビ!がきたのです。立野さんが言っていたとおり、出会うべき土地に出会ったら本当に直感でわかるものなんですね。家の前に縦の道があるおかげで風が抜けて、畑もできそうな広い土地。駅からも遠くなく、価格も予算内。社長も「私なら、、買いますね。ここならいい家が建つと思いますよ」と。私達も顔を見合わせて「ここだね」とすぐに決断してしまいました。なんだか本当に、あ!ここだ!!と2人揃って思ったのです。不思議です。なんだか決まったらあれよあれよと流れに身を任せてゆくことになりました。まさかの、リノベーションではなくて、新築で建てることになってしまいました。



打ち合わせの日々


  ずっと古い日本家屋をリノベーションと考えていたので、自分達の好きな感じの味わいのあるお家が新築でできるだろうか、と少し不安もありました。手渡された設計ノートに、予算の事は考えずに、とにかく今までずっと妄想してきた夢の暮らし、希望を思いつくまま書きました。待ちに待ったプレゼンの日、私達が望んだ平屋風の間取りと、シンプルな形のとっても好みな家の模型が出てきた時の喜びは忘れられません。

  それから始まった打ち合わせの日々は、考えすぎて寝不足になりながらも、とても充実した楽しい時間でした。夫は足を伸ばして入れるお風呂と自転車が置けるくらい広い土間、縁側が欲しいという希望だけで、あとはほとんど私の好きなようにさせてくれました。よく、家づくりあるあるで夫婦の仲が険悪に、と聞いていましたが、我が家はそれとは全く無縁で本当に夫に感謝しています(笑)出来ること出来ないこと、メリットデメリットをいつも丁寧に説明してくれ、いつもこちらの希望に添えるように考えてくださいました。

  また、打ち合わせをスムーズに進めることができたのは、渡邊さんが仕事が忙しいにも関わらず、娘を上手にあやしてくれたお陰です。渡邊さんには家づくり以外の部分でもいつも温かい心遣いをいただきとても癒されていました。
   それとは逆に?(笑)夫と浪江さんのふざけあいは回を重ねるごとにエスカレートし、浪江さんとのメールのやりとりはもはや家づくりとは関係のない方向にいっていることも多く、夫の秘かな愉しみだったようです。



始まった家づくり


  夏に行った木材ツアー、地鎮祭、上棟式。どれも初めての経験でしたが、ひとつひとつ楽しくそして身の引き締まる貴重な体験をさせていただきました。

  そして平井棟梁はじめとする職人さん達の美しい匠の技。特に外壁の板張りは、シーエッチさんの事務所の外壁を見た時からいいなぁと常々夫婦で思っており、予算やメンテナンスの事などいろいろ考えて悩みましたが採用することに。晴れて足場が取れた時の存在感、手仕事の美しさには圧巻でした。

  家づくりがはじまってギリギリで色々と変更していただいたり、細かいマニアックな要望に付き合ってくださったり、浪江さん徳毛さんには本当にご迷惑をおかけしました。それでもみなさんが私達と同じくらいこの家をワクワクした気持ちで楽しく作ってくださっていると度々お聞きし、とっても嬉しかったです。

  家がどんどん出来上がって想いが形になっていくにつれ、ワクワクと同時に本当にここに自分達が住んで良いのだろうか症候群に二人して陥っていきました。出来上がるまでに自分は生きているのだろうか悪い事が起きるんじゃないというところまで考え出し…(笑)それくらい、私達にはもったいないほどの素敵な家を作っていただきました。



最後に


  土地が決まっていよいよ家を建てることをお願いした時、浜畑社長がおっしゃいました。
こんなにいい家を建てられるというのは、お二人が今まで一生懸命真面目に生きてきたからこそですよと。
今までの人生やいろんな思いが込み上げてきて泣きそうになりました。
また上棟式には、こんなこともおっしゃいました。あなた達家族の家づくりのお手伝いができて幸せです、自信のある立派な家です。この家を100年先も住み続けて未来の古民家にしていってほしいと。またまた泣きそうになりました。いや、ちょっと泣きました。こんな社長だから、シーエッチさんには素敵な人達が集まるんですね。

  約1年かけてきた家づくりも、とりあえず第1章が終了です。ここから先は住んでから、お庭をさらに木や植物でいっぱいにして、畑を作って、とまだまだ楽しみな妄想はつきません。何世代にも渡って住み継げる、未来の古民家になるよう大切に育てていきたいと思います。
  この家づくりに関わってくださったすべての皆様、いつも自分達を支えてくれている家族や友人に少しでも恩返ししていけますように。これからも、ふざけながらも真面目に生きていきたいと思います。

  本当にありがとうございました。そしてこれからも末長くよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ