写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

四季の小道から、縁側に集う家

オーナーズメッセージ

~ 土地を探しながら、ゆっくりと確信 … ~ ~ 土地を探しながら、ゆっくりと確信 … ~ ~ 土地を探しながら、ゆっくりと確信 … ~ ~ 土地を探しながら、ゆっくりと確信 … ~ 土地を探しながら、ゆっくりと確信

 今だから言えることですが、家を建てると決めた当初、
欲しい家のキーワードは、「自然素材」でも「パッシブデザイン」でもありませんでした。


夫婦二人とも文系で、建築の知識はゼロ。

漠然としたイメージを表現するなら、

「仕事を終え、あぁここに帰ってきたかったんだなーとじんわり実感できる家」

あるいは
『お家探訪』的に「洗練されていながら、奇をてらっていない、あたたかみのある家」。

 まったく具体性を欠いたこのキーワードだけではとうてい決めることができないくらい、
世間には欧米風、自然派、大手メーカーたくさんあります。

まぁいろいろ見ながら少しずつ決めていこう。
私たちはハウスメーカーは保留にしながら、中古物件も含め、とにかく土地の現場を見に行きました。

 その物件がある通り全体の雰囲気、曲がり角の雰囲気、隣家の雰囲気…

土地周辺の空気も気にしながら、見に行った物件は30件を越えますが、

必ず駅から職場から歩いて、みちみち「帰ってきたくなる空気」があるかどうか確かめていました。

KGプランニングの立野さんが、ほとんど「親戚のおっちゃん」のように、

毎回気安く車で連れて行ってくださり、私たちも彼のお人柄ゆえまったく遠慮することなく、

現地見学は毎回楽しいイベントでした。

気がすむまで数をたくさん見ることで、「出会い」は近づきます。

「ちょっと帰ってきたくなる」「まぁまぁ帰ってきたくなる」くらいの土地があり、

だいたいは妻がしびれを切らして「もう決めよう」すると、

夫は「まだそこまで気に入ってない」を繰り返し、温度差から険悪なムードになって

立野さんに「夫婦げんかしたらあかんでー」と言われることも多々あり。

「だいぶ帰ってきたくなる」土地 に出会ったときに、その頃にはもう何度もお会いして

完全に信頼を寄せていた浜畑社長と浪江さんに、この土地ならどんな家が設計できるか伺って、

ほぼ買うきになっていました。

購入手続きをとるに当たって、成約事例の資料を立野さんに依頼した返信メールの中に、

見た事のない新規物件が1つ混じっていました。あれ?最近出たのかな?気に入っていた通り沿いだ…
坪単価が安い…(旗地なので評価額が低い)、そしてとても広い…ほんと?

ちょっと現場確認していいですか?…実際見ると、「めちゃくちゃ帰ってきたくなる」空気がバンっと出ていて、

運命の出会いだと思いました。

腰の重い夫もこのときは即決。
…3年以上粘ってきて、最後は一日で決まりました。

慎重な夫に、神様がサプライズを用意してくれていたようでした。

 

 

3年越しで決めた工務店

 時は戻りますが、土地を探し始めたころ、

「土地を見る → どんな家ができそうか想像する → ピンとこない → また別の土地を見る

→ 想像する」 を繰り返しながら、大手メーカー、自然素材系住宅、欧米風…
いろんなタイプの友人宅訪問を重ねました。

シーエッチ建築工房のことはスーモで資料請求し、散歩のときにあの外観を見つけて

ドアをノックすると浜畑社長がいらっしゃって、その穏やかなお話しぶりから

家作りにかける並外れた情熱を秘めていらっしゃる印象を受けました。

オフィス兼モデルルーム空間の居心地の良さ、社長のお話しの面白さに、

つい長居をしてしまい帰り道で「ここにお願いすることになるかもしれないね。」

といい合ったのを覚えています。

 OB宅訪問に何度もお誘いいただき、別メーカーの空間と印象を比較、
軍配は毎回シーエッチ。これを5~6回繰り返して、確信を深めていきました。


どの点でシーエッチが勝っているのか、すべて解説することは素人の私たちには
できませんが、皆さんがご自分の目で確かめられるのが一番だと思います。
設計力、素材選び、大工さんの実力の高さ。それらのバックボーンになる、
世界観の穏やかさ大きさ。そういったものを、打ち合わせを重ねるなかで
少しずつ私たちも理解していきました。

 浜畑社長と設計の浪江さんには、何度も土地選びについて来ていただきましたが、

「その土地が持つ個性を最大限に活かした設計ができあがったとき、
その家はほんとうに素晴らしいいい家になるんです」とおっしゃりながら、
満面に誇らしげな笑みを浮かべて上空を仰がれたとき。

また別の土地で、設計の浪江さんが「ここはいい土地ですよ〜…」とつぶやきながら

目の前のなにもない空間に、私たちには見えない何かをはっきりと見ている表情で、

ニヤッと笑われたとき。この人たちはヤバい、と思いました。

この人たちにすべてお任せしよう、と確信した瞬間です。

 

 

送りたい生活が、もっと素敵になった 

 

 妻は、家を建てるまでは、子育てが一段落ついたら、OLを再開しようと思っていました。
家計も潤うし、仕事をしている充実感も味わえるし。

夕方、都会から電車に乗って、駅から帰るみちみち、家の灯りが遠くに見えるなんて、いいなー。

…けっこうゆるいイメージでした。

 でも、この家の細部を作り込んでいきながら、もっと深く、
ほんとうに送りたい生活について考えるようになりました。

「家作り」は一生終わらない、一番おもしろい仕事じゃないでしょうか。

そう思わされる余韻のある、よりいい生活を送るための設計の工夫があちこちにあります。

その家を、来てくれる友人たちとも共有して、一緒に過ごした記憶を子どもたちに引き継いでいく。

同時に、自分が親から引き継いだあんなことこんなことも、忘れていたけど思い出す。
具体的なアイデアがどんどん湧いてくるようになりました。
ゆっくりひとつずつ実現していきます。

衣食住をていねいに暮らしながら、好きな音楽や読書、料理をじっくり深く広く、

みんなで楽しめる、大きな家にしていきたいと思っています。

とりあえずピカピカの新築が生まれました。
これからこの家は私たち家族友人と一緒に成長していきます。
早く住みたくて仕方ありません。

みなさん、どうぞ縁側からお上がりください。
( 夫「玄関もかっこいいからあとで見てね」 )

  妻は、家を建てるまでは、子育てが一段落ついたら、OLを再開しようと思っていました。
家計も潤うし、仕事をしている充実感も味わえるし。夕方、都会から電車に乗って、駅から
帰るみちみち、家の灯りが遠くに見えるなんて、いいなー。…けっこうゆるいイメージでした。
 でも、この家の細部を作り込んでいきながら、もっと深く、
ほんとうに送りたい生活について考えるようになりました。
「家作り」は一生終わらない、一番おもしろい仕事じゃない
でしょうか。そう思わされる余韻のある、よりいい生活を
送るための設計の工夫があちこちにあります。その家を、
来てくれる友人たちとも共有して、一緒に過ごした記憶を
子どもたちに引き継いでいく。同時に、自分が親から引き
継いだあんなことこんなことも、忘れていたけど思い出す。
具体的なアイデアがどんどん湧いてくるようになりました。
ゆっくりひとつずつ実現していきます。
衣食住をていねいに暮らしながら、好きな音楽や読書、
料理をじっくり深く広く、みんなで楽しめる、大きな家に
していきたいと思っています。
とりあえずピカピカの新築が生まれました。
これからこの家は私たち家族友人と一緒に成長していきます。
早く住みたくて仕方ありません。

みなさん、どうぞ縁側からお上がりください。
( 夫「玄関もかっこいいからあとで見てね」 )

  

 

 

ページの先頭へ