写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

CHシンプルBOX 『brownie』

オーナーズメッセージ

想い
子どもも、来年4月で長男が中学生。我が家にたまにおとずれる、「マイホーム欲しいな病」も、記念すべき10周年を迎えました。そろそろこの病も完治し、このままの生活で、これからの子どもたちの成長を見届け、私たち夫婦もこの生活を基盤として今後生活していくものなのかな。となかば、マイホームをあきらめていました。
 
きっかけ
しかしながら。先に述べた子どもの進学、いまの賃貸住宅の賃金UPに、滞在期間終了が迫る日々。経済対策による、金利優遇も相まって、私たちの病は、ぶり返すことに。何年も前から、あらゆる家を見てきたので、素人なりに、マイホーム購入のための指針ができあがっており、あっちを見ては、ここがダメ。こっちを見ては、あとちょっと。これは、もう購入はないかな?との思いもちらほら。
 
木の家 = シーエッチ
やっぱり住むなら、木の家がいいとの基準は、ブレずにいた私たちは、これが最後と思い、電話したのがシーエッチ建築工房さんでした。8年振りの電話です。おぼろげに私たちを覚えていてくれておりました(笑)。8年振りでしたが、その当時と同じように、対応していただきました。資金や、土地の件など多々問題はありましたが、CHさんが紹介してくれた不動産屋さんの立野さんと共に、とりあえず土地を見に行き(当時は立野さんにもお世話になりました)、それからは、とんとん拍子でした。あっという間に理想の家が出来あがろうとしています。
 
つい最近までは、想像もできなかったことが起きています。それなりに歳を重ねてきたからかもしれませんが、何事にも縁があることに気付かされます。数ある業者さんから、最後に選んだのがシーエッチさん。現場の職人や業者のみなさん。みなさんに出会えたことは、縁でもあり、今後生活する地域にも素晴らしい縁があることを期待しています。
 
これから
家づくりも楽しませていただきました。これからの生活が楽しみです。外で飲むことが多かった私は、これから、家に友達や同僚を招き入れます。家を自慢したいですから。
 

ページの先頭へ