写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

畳リビングから続くウッドデッキで 四季を楽しむ家

オーナーズメッセージ

思い

私が育った田舎では、まだまだあたり前であった子どもの遊び場も、
ここでは意識的に意図的に創り出してやらなければならない事を、
10年前息子が生まれ母となった時に実感し、不自由さと不自然さをとても感じました。
その時に感じた思いと同じ思いが、家づくりにおいてもありました。
『家族が健康で一生安心して生活できる家。昔から日本の家で使われて来た様な、
本物の自然素材を使い、できるだけ自然と共に寄り添って生活できれば・・・』と。
生きている木に手足で触れ、においを感じ、共に年を重ねて行ける家にしたいという願いがありました。
ハウスメーカーでなんとなく表向きはそれっぽいけれど・・・、最新の設備や性能を熱く訴えているけれども・・・
といったものをいくつ見ても、熱心に説明を受けても、どうしても心が動かないのです。
それどころか、かえって家が本来あるべき、昔ながらの家への憧れが募っていくばかり。
そんな堂々巡りを繰り返し、妥協する事もできず、気付けば数年の年月が流れていました。

 

出会い

そんなおり、CHさんとの出会いがありました。情報誌で気になっていた工務店の一つであったCHさんの
完成見学会に参加し、そこでスタッフさんに家づくりへの思いを聞いて頂き、とてもとても共感して頂けたのが
印象的でした。その当時は、土地探しのサポートはされていないとのことで、また一年程年月が流れてゆきました。
その間の一年間に、CHさんから手描きのお手紙やイベントのお誘いのDM等が届いていて、その中のバスツアーに、
本当になんとなく参加する事にしたのが私たちの家づくりの始まりでした。
何年も決まらなかった土地が、浜畑社長の紹介で流れるように決まっていく。
思いがあっても動き出すことができなかった家づくりが動き出す。
『縁がある』というのは、こういう事なのだと思いました。

 

チームCH

何もかも想像つかない事がいっぱい、決断すべき事もいっぱい、の打合せが始まりました。
一生に一度の家づくり、一軒入魂の家づくりに、たくさん、本当にたくさん悩みました。
CHさんは住み手側の話しを本当によく聞いてくださって、しっかりサポートしてくださいました。
工事が進むにつれ、様々な職人さん達の熟練の腕と技、仕事に対する真剣な姿勢に心奪われていきます。
「建て主さんと直接触れ合う事ができるのだから・・・」と現場で色々な質問に答えていただいたり、
大黒柱の残りの端材で、息子にベンチ作りを提案していただいたりしました。
実際にお使いになっているのこぎりを貸して頂いて、大きな丸太を切る・・・。
これは息子にとって、とても貴重な体験になりました。
大切な道具を色々と貸してくださって、「やってみてごらん」と言ってくださる懐の深さに感動しました。
 
そんなステキな職人さん達が我が家に携わってくれている・・・。
そんな我が家は他とちょっと違うんです。(笑)
 
たび重なる打合せも、自分達なりの答えがでるまで、たくさん時間をかけて思い悩ませてくれたから、
熟練されたステキな職人さん達が腕によりをかけて建ててくれたから、
この先、ずっと、我が家を愛せる自信が湧きあがってくるのです。

 

これからの夢

我が家が完成に近づいた今、新たな夢ができました。
私達夫婦がおじいちゃん・おばあちゃんになったとき、共にそして大切に年月を重ねた
味のあるこのCHの家を孫たち自慢すること。
そして、この家に携わってくれたCHの、家づくりに熱い情熱を注ぐ浜畑社長や
爽やかなスタッフの話、腕のあるチームCHの職人さん達の話を、
「もう、またぁ~」なんて言われながら、何回も何回も話したい。
そう思っています。

ページの先頭へ