写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

美しい格子戸が出迎える、"和"の薫る家

オーナーズメッセージ

きっかけ

家づくりを考え出したのは、約2年前。 社宅に住んでいるため、入居期限までには、自分たちの住処の在り方を決める必要がありました。 当初は、オール電化以外には特にこだわりを持たず、幅広い選択肢、それこそ、賃貸住宅や持家にしてもマンションも含めて検討していました。 さらに、住む場所も、定まっておらず、ほぼゼロからのスタートでした。

実のところ、マンションや他社さんでの戸建てを真剣に検討し、購入間際まで進んだこともありましたが、何かがしっくりきませんでした。 それは、家という一生に何度もない、大切な買い物をするのに、期限やら抽選やら、いろいろな制約に縛られていて、オーナーの気持ちが尊重されていないことでした。 様々な展示会に参加しても、何故か、ひらめきやワクワクがなく、話を進めるたびに苦痛になることもしばしばでした。

 

出会い

そんなとき、書店で「兵庫の注文住宅」という本を手に取り、パラパラとめくっていると、木の家を扱う工務店さんが並んでいました。 何故か、直感で、シーエッチさんのページに目がとまり、思わず本を買いました。 シーエッチさんを含めて数社に資料請求をしたところ、数日後に、割り箸がはいった案内が届きました。 そこには、家づくりに対するスタンスや考え方が記されており、割り箸が同封されていることも新鮮で、シーエッチさんに行って、お話を聞いてみたいと思いました。 そんなとき、当時の営業担当さんからお電話をいただき、率直に家づくりで何に悩んでいるのかということから、親身に相談にのって頂いたのを覚えています。 そして、土地と資金の話から勉強されませんかというお誘いを受け、シーエッチさんを訪問し、そこで濱畑社長と初めてお会いしたのを覚えています。 「家~、考えてはるんですか?」という柔らかい物腰と、まるで、学校の先生のような分かりやすい講義が印象的でした。 当時1歳の息子も、「しぇんしぇー(先生)」と言っていたくらいです。(そうそう、関係ないですが、このときのケーキおいしかったです!)。

その後の住まい教室「設計の話」を経て、明石の「上ノ丸の家」の完成見学会で実際の建物を見せて頂くことになりました。 妻が、「まるでログハウスみたい」と言って驚く一方で、私はヒバの香りが印象的で「シンプルな作りだが、木の香りって良いなあ」と思いました。 また、スタッフの皆さんの対応が大変あたたかく、家づくりを楽しめる雰囲気を感じ、なかなか良い工務店さんだなと思うようになりました。

 

CHさんとの土地探し

そんなことがきっかけとなり、まずは土地探しからシーエッチにお世話になることになりました。 事前にお世話になっていた不動産屋から紹介を受けていた土地を建築の観点から見立てていただくとともに、濱畑社長さんと川西市や宝塚市のおススメの土地を一日かけて数件回り、「この土地ならば、日当たりがよいので、このあたりにリビングを」、「日当たりは良いとはいえないが、前に公園があり、桜も咲く」など、価格だけではない様々な観点からのコメントをいただき、土地を多面的に見ることの大切さと人それぞれの考え方や価値観によって土地の価格は大きく変わるものであることを教えていただきました。 様々な選択肢をご提示いただき、いろいろと悩みましたが、シーエッチさんで先に契約されていた「松が丘の家west」の近くの土地を、シーエッチさんから御紹介いただき(12月の寒い夜に社長さんが訪問して下さったこと、覚えています)、本当に土地が広くかつ眺望も素晴らしいこともあり、年明け早々に契約しました。 契約当日には、自宅から小学校までの坂道がなかなかハードなのを見て、「果たして、この坂を子供が登れるだろうか、辞めようか・・・。」と思い悩み、いったん、不動産屋さんとの打ち合わせを中断しましたが、近隣住民の方への現地聞き取り調査をしてくださったことで安心するとともに、逆に足腰の強い子に育てようと発想を転換し、契約に踏み切ることができました(あの時は、濱畑社長さんには、御迷惑をおかけしました。この場を借りて、お詫び申し上げます)。

 

プランと木材見学ツアー

そして、忘れられないのが、1泊2日の木材見学ツアーです。 3月中旬の雪が降る中、まずは奈良の吉野(森庄銘木さん)で、大黒柱を選び、熊野の野地木材さんでの構造材や床板の製造過程を見学させていただきました。構造材と大黒柱を自分で選ぶことができたこと、さらに、それらの製造をするには、随分な経験が必要であり、多くの方の善意が詰まっていることに気付かされました。 野地木材さんの本当に親身なご対応と現場監督の石井さんが夜中に歌った演歌、熊野の美しい夜空を今でも忘れることができません・・・。

土地の契約後、家の設計や詳細に関する毎週の打ち合わせとメールのやり取りが始まりました。 自分たちの想いを描いた「設計ノート」をもとに出てきた最初の設計図は忘れられません。 こんな風になるのかなと想像しながら、毎週のように浪江さんと打ち合わせをしていましたが、実現したいことと予算面でのギャップもあり、浪江さんを困らせてばかりでしたが、いつも、きっちり対応して頂き、感謝しています。

今、当時の設計図と最終版を見比べると、ほとんど変わっておらず、よく考えられた図面だったことが分かります。

 

もうすぐ完成

もうすぐ、ゼロから作り上げた自分たちの家が出来上がることになります。 土地を決めて、設計やその他詳細を決めるまで、正直言って、なかなか大変で、悩むこともありましが、いつも楽しんで仕事をされているシーエッチの皆さんのお陰で、何とかここまで辿り着くことができました。この9カ月間のやり取りは、今では良い思い出になっています。

最近はほぼ毎週のように、現場に足を運んでいますが、その度に、大工さんや職人さんをはじめチームCHの皆様に感謝の念が湧きますし、皆さんと会うと、なぜでしょうか、いつも安心するというか、楽しい気持ちになります。

これからは、チームCHの方と会う機会が減ると思うと、ちょっぴり寂しくなります。 是非、ちょくちょく足を運んで頂いて、私たちの家の様子をのぞきに来て頂き、シンボルツリーの成長に合わせ、息子が真っ直ぐ、元気に育っていくのを見守って頂ければと思います。

 

いろいろと書きましたが、最後に、家つくりに関わって下さった全ての方に感謝いたします。シーエッチさんとの家づくり、なかなか楽しかったです。 本当にありがとうございました!

ページの先頭へ