写真とオーナー様からのメッセージで見る「木の住まい」施工事例をご覧ください。

アイランドキッチンに集う木の家

オーナーズメッセージ

家づくりのきっかけとCHさんとの出会い

長いこと社宅生活でのんびりしていた私達に「そろそろ自分達の家を考えた方がいいよ」と、両親が心配して声をかけてくれました。ちょうど今年は、娘たちが学校を卒業する年でもあるので、お引越しをするには良いタイミングかもしれないと、家づくりをスタートすることにしました。ある程度の年齢になったら家は買うもの、でもローンの支払いが始まると大変そう・・・と、人から見聞きする話から家づくりに対するイメージがあったため、なかなか重たい腰があがらなかったのも事実です。また私達が転勤族であり、他の土地の出身である為、どこに住むか決められずにいました。さて、自分達が住みたいと感じる家はどんな家だろうと、図書館で住宅関係の本を借りてきては読んでいくうち、「体に優しい自然素材を使った木のぬくもりのある家」がいいなと思うようになりました。そんな家を建ててくれる工務店さんは・・・と、「木の家」をキーワードにインターネットで検索してみると数多くの工務店さんがあり、どんな家を建てたかの施行例も見ることが出来ました。そこで気になる工務店さん数社に資料請求をしてみることにしました。CHさんとの出会いはこの時でした。驚いたことに、資料請求の翌日にはきれいな緑色のファイルに納められた資料が我が家に届き、「イベントの参加もお待ちしておりますね」と書かれたお手紙も添えられていて、とても嬉しく思いました。そして、資料に書かれたことばを読むうちに、もしかしたら私達の希望の家を建てて貰えるかもしれないという思いが芽生えてきました。ちょうど近い日程で、住まい教室「設計の話」があったので、参加させて頂くことになりました。事務所に入ると浜畑社長さんがにっこりと笑顔で迎えて下さいました。家は、健康に良い素材で造るのはもちろんのこと、家のつくり一つ一つにもきちんとした訳があり、理にかなった造りをしているということを教えて頂き、まさに家とはそうあるべきで、私達が求めていた本物の家に出会えた!と感じました。また、良い家づくりをしようという信念を持った職人さん達がいらっしゃる事も知り、心強く感じました。そして、早くそんな居心地のいい家に住みたいと思うようになりました。お話しの後に頂いたケーキも本当に美味しくて、大満足で帰路につきました。

 

OBさんのお宅訪問

次なるイベント、OBさんのお宅訪問は、CHさんの建て建てられた家を実際に見せて頂けるチャンス。子供達と一緒に参加させて頂きました。家に入ると、ふわぁ~と木の香りに包まれて、気持ちのいい杉の床、優しい光の差し込むリビングの天窓、無垢の木の天井、本当に居心地がよくて、浜畑さんの説明もなるほどと、驚きの連続でした。OBさんから家づくりのいろいろなお話しが聞けたこと、笑顔の素敵なCHスタッフさん達に出会えたこと、そしてOBさんから「CHさんにお願いしたら、間違いないですよ!」と太鼓判を押して頂き、大きな安心を頂いた一日でした。

 

土地探し

土地探しは、子供達が転校しなくてもよい家の近所から探そうかとも思いましたが、土地は狭い上に値段も結構高く、もっとゆったりとした家を建てることの出来る郊外の土地を探すことにしました。私達夫婦は二人とも、自然豊かな土地で育ったこともあって、身近に自然が感じられるのんびりした土地に住みたいという思いも年々募っていました。そんな折、三田の土地の分譲予定のお知らせを見つけ、これだ!と申込みをすることにしました。このときも、浜畑さんが一緒に土地を見に来て下さり、プロの目線で色々とアドバイスをして下さいました。「この土地ならこのあたりにリビングが来て、ここに・・・」と、目を輝かせてお話して下さる浜畑さんの姿を見て、絶対に素敵な家を建てて下さると確信出来ました。その後、無事に宅地を購入することが出来、いよいよプランニングをお願いすることになりました。

 

打ち合わせスタート

広々とした明るいリビング、バーベキューの出来るウッドデッキ、キッチンは皆で料理が出来るようオープンキッチンがいいな、夜には星を眺められる天窓を・・・と、私達の希望をあれこれ沢山書き込んだ設計カードを提出。そして、楽しみにしていた第一案は、私達の希望が盛り込まれたとても魅力的なものでいた。でもその分、家もだいぶ大きく、お値段も予定より高かったため、我が家にちょうどいい大きさにして頂くようお願いして、いよいよ本格的に打ち合わせが始まりました。されに和室やお風呂から和風の庭を楽しめたり、玄関からウッドデッキの緑を眺められる広い窓等、色々と素敵なプランを提案して頂き、楽しみがいっぱいの家のイメージが出来上がってきました。打ち合わせでは、今までこんな短期間にこれほどの選択はした事がないなと思うぐらい、様々な事を決めさせて頂きましたが、いつも具体的にわかりやすく説明して下さったおかげで、それほど悩むことなくスムーズに決めることができたと思います。また見た目だけでなく、この方がより使いやすいのでは・・・常に細やかなアドバイスを頂き、まさにかゆいところに手が届くようなスタッフさんのご提案、本当にありがたかったです。また、雨の日に便利な物干しが家の中にあるといいな、壁には皆の予定を書き込めるようホワイトボードもほしいな・・・と、色々な注文にも快く応えて頂きありがとうございました。

 

地鎮祭、木材見学ツアー、上棟式

晴天に恵まれ、どうかこの土地に家を建てさせて下さいと、神妙な気持ちで宮司さんの祝詞を聞き、地鎮の儀では「えいっ!えいっ!えいっ!」といつも穏やかな口調の浜畑さんの力強い気合いの入った声に、家づくりに対する真剣な思いがビシビシと伝わってきました。木材見学ツアーでは、吉野の家の中心となる立派な大黒柱を選ばせて頂き、熊野では、我が家の構造材について、丸太の皮剥ぎから製造工程、そして実際に太鼓梁をカットする所も間近で見せて頂きました。野地木材さんが、木の種類や特性、芯の大切さ等、木にまつわる興味深いお話しをして下さいました。おかげで、その後自然と街路樹にも目がいくようになり、木の名前を知りたいと思うようになりました。工場では、一本一本大切に加工されていく様子、そしてそれぞれの工程に携わって下さっている方達が、真剣な眼差しで作業をされている姿に、木材ツアーに参加させて頂いて本当に良かったと思いました。翌日は、野地木材さんに熊野をご案内頂き、CHスタッフさん、一緒に参加されたご家族の皆さんと楽しい時間を過ごしました。そして、いよいよ上棟式。手際よく立派な柱を組み立てていく大工さん達の息のあった姿に見とれ、次々と最適の位置に木材を運び上げて下さるレッカーさんとの連携プレー、素晴らしかったです。無地に棟上げが終わった後、浜畑さんが「これだけ沢山の木の命を頂いてるんですよ。」と話して下さったことが心にズシンと響き、木の命の尊さとこの木々に守られて暮らしていけることのありがたさを強く感じました。

 

最後に

早いもので、もうすぐ我が家が完成します。何もない更地に丈夫な基礎が出来、棟上げで家の形が出来上がった様子を見てワクワクし、足場が取れて、ピカピカの家が姿を現したときは、飛び上がりたいほど感動でした。これから更に、外構ができあがったら、それはそれは素敵な家が完成するんだろうなと、本当に楽しみです。きっと何年も前から住んでいたかのように錯覚してしまうくらい、居心地のいい住まいなんだろうな、はやく優しい香りのする無垢の床の上に、ゴロンと大の字でねっころがってみたいです。暑い夏も寒い冬も、朝早くから夜遅くまで一生懸命我が家を造って下さった職人の皆様、そしてCHスタッフの皆様、本当にありがとうございました。なかなか頻繁に現場を見に行くことは出来ませんでしたが、現場監督の石井さんに藤井棟梁さんがとても丁寧に作業をして下さっている様子を伺っていましたので、本当に安心してお任せさせて頂きました。実際、打ち合わせで現場に入らせて頂いたとき、建具の細部にも手作業の丁寧さと優しさが感じられ、心を込めて一つ一つ大切に作って下さったんだなと、頭が下がる思いでした。一軒の家に、これだけ大勢の職人さん達が携わって下さっている事、子供達にとってもものすごく貴重な勉強をさせて頂けたと思います。また、CHさんのブログにも、時々進捗状況を載せて頂いたので、家族の皆で家の様子を知ることが出来、楽しみな日課となりました。皆さんが愛情を込めて大切に造り上げて下さったこの家と共に、私達家族も仲良く成長していきたいと思っています。今まで頻繁にお会いしていたスタッフさんにお会いできなくなるのはほんとに寂しいですが、次々と誕生するCHさんの素敵な家を見に、ぜひまた見学会におじゃまさせて下さい。そしていつでも「お嫁に出した愛娘」に会いにいらしてください。家づくりという共通の目標を通じて、沢山の方達とお知り合いになれたこと、とても嬉しく思っています。家づくりという我が家にとっての一大イベントを家族揃って楽しませて頂き、本当にありがとうございました!

ページの先頭へ