シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2018年2月 2日

宝塚市 木の家の光熱費

カテゴリ : CHチャンネル

「一戸建ては寒いですよね?」

というご質問をよくいただきます。
 

マンションでも一戸建てでも

「断熱」をしっかりしていないと寒い

ということです。

 

断面図断熱イラスト.jpg

↑ 家全体の断熱性が高いと、一度、部屋を

     あたためると熱が逃げにくい。


また、

「吹抜けがあると寒いですよね?」

というご質問もよくうかがいます。
 

こちらに関しても、家全体の断熱をしっかりと

施していれば、個室ごとに暖房器具を置かなく

ても吹抜けや室内窓を通して、各部屋の温度差

が減り、家中でのヒートショックを防止できるのです。


吹抜けはおすすめです。

 

吹抜け.jpg

↑ リビングの床暖房やエアコンの熱が、吹抜け

や室内窓、オープンな階段を通して、あたたか

い空気が階上へさらに、空気をかきまわす役割
で、吹抜けにファンを設置することも効果的です。



夏はこの逆で、

2階で冷房をすると冷たい空気が階下へ下ります。



断熱性能が高いと、冷暖房の効率が高く、日々の

光熱費も抑えられます。


↓ 電気代の一例 (床面積34㎡、吹抜けあり)

木の家電気代グラフ.jpg

(リビングのエアコン1台を 1日5時間程度使用)



↓ ガス代の一例 (床面積34㎡、吹抜けあり)

木の家ガス代グラフ.jpg

(リビングダイニングのガス床暖房を 1日6時間程度)

(どちらも夏の室内温度 25℃程度、湿度 60%程度、

冬の室内温度 20℃程度、湿度 50%程度の条件)


このように、「寒い」「暑い」家にならないために断熱性が

とても重要です。
 

そして、エネルギー効率を考えると、広い家よりも

コンパクトな家の方が有効です。

 

「冷暖房をなるべく使わず、小さな家を広く感じて暮らす」

シーエッチの理想の暮らしです。 

 

 

 

 

*シーエッチ建築工房TOPページへ*

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ