シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2017年7月14日

OMソーラーのメンテナンス

カテゴリ : 現場からの便り

先日、10年ほど前にOMソーラー(http://omsolar.jp/about/structure.html)を取り付けたお客様のお宅へメンテナンスへ伺いました。

OMソーラーとは、太陽熱を集めて、蓄熱して、家全体を持続的に温めるといったパッシブソーラーシステムが中心となっており、

冬は太陽熱を取り込み、夏の昼間は排気、夜は放射冷却された涼しい外気を取り込みます。

・・・ですが、こちらのお宅では、夏なのに集熱取り込みの運転になっており、リモコン操作でも排気運転にならない、

とのことで本体のハンドリングボックスを見せてもらうことに。

小屋裏に機械室があるのですが、入ると灼熱の空間。

一瞬で汗が噴き出してきました。

写真 2017-07-11 15 00 56.jpg

本体からダクトが何本か見えますが、それぞれが、屋根からの取り込み・室内への取り込み・室内空気の循環・屋外への排気のダクトです。

オレンジ色のダンパーモーターでダンパーの位置を変えて季節に応じた運転を可能にしてます。

このダンパーモーターを確認すると、リモコンの信号通りにダンパーの位置が動いておらず、集熱取り込み(冬)になっていたので、制御盤を

外して、ダンパーの位置を正常に戻しました。

リモコン表示とダンパーの方向を夏、冬のモードで確認して終了。

真夏日が続くときにお客様にはご不便かけました。

正常に動けば快適な室環境が作れるものなので、定期的なメンテナンスは必要ですが、OMソーラーのある快適で心地よい暮らしを楽しんで

いただければと思います。


徳毛

 

ページの先頭へ