シーエッチブログ - シーエッチのスタッフがそれぞれの視点で綴るブログです。家づくりのこと、お客様との交流、日々のこと、色々な読み物をお届けします。 -

2015年9月 8日

木材の材料検査に 松坂(三重県)へ

カテゴリ : シーエッチスタッフのお気に召すまま

今日は早朝より、次の棟上げ予定の I様邸の木材検査に行ってきました。

 

車で約3時間強(160kmぐらい)の松坂にあるコウヨウというプレカット工場へ

熊野から乾燥、修正挽き後の材料が届き、それを加工前に検品するという工程で

これは遠いので、私の担当になることが多いので、楽しみでもあります。

 

P1010503ed.jpg

 

 

何を検査するのかというと

 

①含水率(材料の乾燥度合い)

これを1本ずつ材料の両端と中央それぞれ3ヶ所ずつ含水計で測り、平均で20%というのが目標です。

 

②乾燥による内部割れや色、ツヤ

乾燥しすぎると割れが多くなり、不十分だと含水率が多くなりアウトなので、

同じ山で同じ時期に切った木でも、バラツキが出ます。

 

③材料の加工精度と節の程度、化粧材のチェックと番付

これも材の両端、中央の3ヶ所を巾と成をそれぞれ3ヵ所ずつノギスで計測するのですが

木材は生もので個体差があるので、若干寸法のバラツキがあり、要確認です。

 P1010505ed.jpg

 

 野地木材の吉成さん(常務さん)と2人で汗を拭き、4時間強かかりました。

今回は全体的に加工精度や内部割れは全て合格。

乾燥のみ、56体中、3体を取替え、交換をお願いしました。

 

毎回、松坂での検査は大変なのですが、乾燥技術の向上と工夫、

そしてよりよい材料をお客様に提供することが私たちの信念と誇りにつながります。

 P1010511ed.jpg

 

 

 

hamahata.jpg

浜畑

 

ページの先頭へ